コートヤード・マリオット・バリ子連れ旅行記|デラックスプールビュー宿泊

バリ島ヌサドゥアのコートヤード・バイ・マリオットに宿泊しました。
コートヤードはマリオットホテルグループの「お手軽にマリオットを楽しめる」ブランド。

高級ホテルが立ち並ぶヌサドゥアの中でも、珍しくお手頃価格で宿泊できる国際ブランドホテル。
抜くところは抜いて、力を入れるところは入れている、本当に子連れファミリーにおススメのホテルです。

コートヤード・バイ・マリオットにチェックイン|無料アイスを食べながら

マリオット・ヌサドゥアにチェックインしたのは14時ごろ。前泊ホテルのラグーナ・ヌサドゥアからタクシーで移動しました。

ラグーナ・ヌサドゥアの子連れ旅行記はこちら。

ラグーンアクセスルームでプール三昧|ラグーナ・ヌサドゥア・バリ島子連れ旅行記


ラグーナ・ヌサドゥアからはクルマで5分ぐらい。エントランスではバリダンスでお出迎えです。

実は当日Webチェックインをしようとしたさいに、誤まってキングベッドのお部屋を予約していることに気がつきました。

我が家は大人2名に添い寝の子ども2名ですので、キングベッド1つだと厳しいです。
ということで、気がついてすぐに「ツインタイプのお部屋への変更」をリクエスト。30分ほどで無事お部屋を変更いただけました。

Webチェックイン済みということもあり、チェックインは待つこともなくすぐに完了。
ただお部屋の準備がまだできていないとのことで15分ぐらい待ちました。

コートヤード・マリオット・ヌサドゥア・バリでもキャンペーンとして子ども向けのさまざまなサービスを提供しており、無料のアイスがいただけます。
コートヤード・マリオット・ヌサドゥアではロビーフロアのMoMoCafeGoでアイスがいただけるとのことで、(子どもが)アイスをいただきながら待つことにしました。

ロビーフロアのMoMOCafeGo

MoMoCafeGoではスウィーツを販売しています。

マリオット・ヌサドゥアで子どもがいただける無料アイス。

無料でいただけるものなので贅沢は言えないですが、できればプールサイドのアイスクリームショップのものがいただけたらもっと嬉しかったですね。(笑)

デラックス・プールビューにアサイン

突然のお部屋変更ではありましたが、今回は(たぶん)デラックス・プールビューをアサインいただきました。
たぶんと言うのは「ギリギリプールが見える」ぐらいだったので。

ぎりぎりプールが見える3階のお部屋です。

プールにすぐ入れる1階が良かったので、事前に1階のお部屋をリクエストしていたのですが、突然のお部屋変更ということもあり、今回は残念ながら3階のお部屋でした。
お部屋の広さとしてはベースグレードのデラックスでも35m2と十分です。

無事ツインのお部屋に変更していただきました。

ベッドにはタオルのワンちゃんが。

ベッドサイドにはソファーとテーブルもあります。

ディスクもあるのでブログの更新もばっちり。(滞在中はしませんでしたが・・・。)

テレビにはHDMI端子なし。Switchはつなげられませんでした。

バルコニーではタバコが吸えるようですね。

収納はたっぷり。

金庫やバスローブ、ビーチサンダルなど必要なものは全てそろっています。

ミニバーのご紹介です。
写真にはありませんが、急な部屋変更で準備ができてなかったみたいで、後からウェルカムフルーツを届けていただけました。

ウェルカムフルーツ。

水回りのご紹介です。
実はコートヤード・バイ・マリオット・ヌサドゥアのお部屋にはバスタブがありません。アメニティのグレードもそうですが、この割り切りがお手軽価格の理由です。
お風呂大好き日本人としては、もちろんバスタブがあったほうが嬉しいですが、2~3泊なら問題ないかなぁと思います。

マリオット・ヌサドゥアにはシャワーのみでバスタブがありません。

まとめ

バリ島ヌサドゥアのコートヤード・バイ・マリオットのデラックスプールビューをご紹介しました。
お手頃価格でありながらしっかりリゾートしているのはさすがマリオットブランドホテルです。

次はコートヤード・バイ・マリオット自慢のプールと施設をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください