ヌサドゥアNo1のビーチサイドの朝食|ラグーナ・ヌサドゥア・バリ島子連れ旅行記

バリ島ヌサドゥアの名門ホテル「ザ・ラグーナ・リゾート&スパ、ラグジュアリーコレクション」に宿泊しました。
お部屋編につづいてヌサドゥアNo1の呼び声も高いラグーナのビーチサイドの朝食ビュッフェとメインダイニングでの朝食ビュッフェをご紹介します。

2会場で楽しめるラグーナ・ヌサドゥア・バリの朝食

ラグーナ・ヌサドゥア・バリの朝食は2会場でいただくことができます。
ひとつはメインダイニングのBanyubiru。そしてもうひとつがビーチサイドのArwanaです。

ビーチフロントのヌサドゥアではありますが、朝食をビーチサイドレストランでいただける場所は少ないそうです。
確かにそういわれてみればそうかも・・・。「ヌサドゥアにひとつしかないからNo1」のような話も聞きましたが、ほんどかどうかわかりません。(笑)

Arwana|ビーチサイドレストラン

せっかくなのでヌサドゥアNo1のビーチでの朝食をいただけるレストラン(仮)のArwanaから紹介します。

まずはそのロケーション。ビーチサイドでヌサドゥアの海を眺めながら朝食をいただけます。
もっとビーチ際のテーブルもありましたがちょっと日差しが強いのでご遠慮しました。常夏のバリではありますが、早朝の木陰は涼しくてすごしやすく、最高の朝食をいただけます。
朝だからか暑さはほとんどありませんのでおススメです。

ラグーナのビーチサイドレストランArwanaの眺め。

Arwanaの朝食はBanyubiruに比べて少し品数が少ないそうです。
確かに少し少ないかもしれませんがエッグステーションもヌードルステーションもありますし、ナシゴレンもミーゴレンもありました。

まったく問題ないです。(笑)

Arwanaの朝食は少し品数が少ないそうです。

ナシゴレンもミーゴレンもあります。

Arwanaにはヌードルステーション、エッグステーションもあります。

何杯注文したか分からないアイスラテ。最高でした。

子どもたちは食事後は砂浜で砂遊びをしてました。

Banyubiru|メインダイニング

つづいてラグーナのメインダイニングであるBanyubiruの朝食をご紹介します。
こちらはメインダイニングというだけあって大きな会場にたくさんの品物が並んでいました。

南国っぽいカラフルなジュースが美味しそうですね。

個人的に一番おススメはこちらのサンドイッチ。これはぜひ食べてみてください。

特に美味しかったのがこちらのサンドイッチ。

ラグーナのBanyubiruの朝食。エッグステーション。

サラダコーナー。バリではあまり生野菜はたべませんがこちらなら安心。

美味しそうなパンがたくさんあります。

フルーツコーナーでは希望のフルーツを剥いてもらえます。

食後のデザートのフルーツとアイスラテ。

デザートのフルーツとアイスラテ。

まとめ

ラグーナ・ヌサドゥア・バリでいただける朝食を紹介しました。
2泊したので、メインダイニングのBanyubiruとビーチサイドのArwanaを両方とも堪能できました。

どちらもとっても素敵なレストランでしたが、どちらかを選ぶとなるとやっぱりビーチサイドで食べれるArwanaがおススメです。せっかくのビーチリゾートですからね。
子連れファミリー視点では、食事を食べた子供が近くで砂遊びができるのが助かります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください