デザインテーマを変更しました(11/18)

JWマリオットプーケット子連れ旅行記|雨季でも楽しいホテル

marriott-phuket-21

初プーケット!JWマリオットプーケットで子連れで楽しむ

夏休みを利用して初めてのプーケットに行ってきました!

初プーケットの7歳の長男、4歳の長女、パパ、ママの4人での子連れ旅行記です。

今回宿泊するホテルは以下の2ホテル。

 

本記事ではマリオットブランド最高峰のホテルである”JW”を冠した
JWマリオットプーケットリゾート&スパをご紹介します。

JW-marriott-phuket

JWマリオットプーケットのメインプール。公式サイトよりいただいてきました。

 

JWマリオットプーケットってどんなホテル?

JWマリオットプーケットは、プーケット国際空港から車で20分程度の好アクセスの周辺にはリゾートホテル以外はほとんど何もない「おこもり型ホテル」です。

バリで言うとヌサドゥア地区を少し小規模にしたイメージでしょうか。タイの大財閥が開発したリゾート地で、周辺のホテルはほとんど大財閥の持ち物です。

ビーチフロントのホテルでとってもゆっくりとした時間が流れるホテルです。

JWマリオットプーケットの公式サイトには以下のように紹介されています。

 

プーケット国際空港から北に15km、熱帯の楽園にたたずむJWマリオット・プーケット・リゾート&スパでは、言葉を超えた美しさ、完璧なサービス、そして心のこもったおもてなしでお客様をお迎えいたします。 プーケット随一の高級ホテルで、豪華なプールに流れる夢心地の時間をお過ごしください。また、象の背中に揺られるトレッキングの楽しい一日や、シミラン諸島のダイビング、自然をご満喫いただけるサファリなどのアクティビティもたくさんご用意しております。
フローリングとテラコッタのタイル、つややかなシルク、庭園・プール・海のいずれかに臨むバルコニーを配したエレガントな客室では、タイ・プーケットの他のリゾートを超える究極のラグジュアリーをご満喫いただけます。
さらに館内には、11店のレストランとバーをご用意しているほか、手の込んだ美味しいタイ料理を学べる一流の料理教室「ジンジャ・クック」もございます。 そして、リラクゼーションをお求めのお客様には、西洋とアジアの素晴らしいトリートメントを取り揃えた、賞に輝く「マンダラ・スパ」をご用意いたしました。
プーケットでもも随一の高級ホテルで最高級のラグジュアリー体験をいただきたけるよう、お客様のお越しをお待ちしております

JWマリオットプーケットリゾート&スパ公式サイトより

 

 

チェックイン編

初のプーケット旅行、子連れ旅行ということも考えて「羽田⇒バンコク⇒プーケット」の旅程を組みました。

乗り換えはスムーズで定刻どおりの現地時間18:00過ぎにはプーケットに到着できました。それからタクシー探しにつまづき、チェックインは20時頃に。

時差を考えると子どもの体感時間は22時ですので、そろそろ眠たい時間。パパとママも1日かけての移動で疲れてますしね。

 

さて、JWマリオット・プーケットのチェックインカウンターはエントランスからちょっと奥側にあります。

お庭の池(そのままプール、海までつながる)の正面がチェックインカウンターになるようですね。

Vacation Clubなどのいろんなカウンターがあってちょっと分かりずらいのですが、ドアマンの方にご案内いただけるので大丈夫だと思います。

JWマリオットプーケットのチェックインカウンター

JWマリオットプーケットのチェックインカウンター。入り口から少し奥に位置します。(翌日の写真)

JWマリオットプーケットチェックインカウンター

JWマリオットプーケットチェックインカウンターから海側。

マリオットメンバー向け専用カウンター

マリオットメンバー向けの専用カウンターもありましたが稼働していませんでした。(笑)

マリオットVacationClubのカウンター

マリオットVacationClubのカウンター

 

パパがチェックイン手続きをしてくれている間に、子どもとウェルカムドリンクをいただきます。

ウェルカムドリンクはButterfly Pea Juiceでした。この記事を書きながら調べましたがButterfly Peaは「蝶のような花が咲くマメ」のようです。

ジンジャーのようにすっきりとしたジュースでした。でも子ども向きではないかな。

 

このButterfly Pea Juiceはロビーにいつも置いてあって自由に飲むことができました。

ロビーのソファーは快適な場所ですので、こちらでゆっくりとするのもおススメですよ。

 

ウエルカムドリンク。

ウエルカムドリンクはButterfly Pea Juice

Butterfly Pea Juice

ロビーではButterfly Pea Juiceとお水をいつでも飲むことができます。

 

チェックインはトラブルなくかんたんに終了、チェックアウトも16時まで延長いただきました。

 

マリオットゴールドメンバ―特典

チェックイン時にマリオットゴールドメンバー特典について記載されたお手紙をいただきました。

主な特典として

  • 毎週木曜日16時からのワイン試飲会への招待
  • 毎週金曜日15時からのSiam Deliでのシェフによるデモンストレーションへの招待

などがあるようです。

1泊のみの私たちは残念ながら利用できず・・・。残念です。

ゴールドメンバー特典

JWマリオットプーケットチェックイン時にいただいたゴールドメンバー特典のご説明資料

この記事を書きながら気がつきましたが「Invitation to our weekly Resort Cocktail especially for elite members」というものもあるようですね。

この文章からですと詳細はよくわからないですね。どちらかのお店でカクテルが1杯無料でしょうか?

お部屋編:デラックス・ガーデン・ルーム

ご案内されたのはベースのお部屋の「デラックス・ガーデン・ツインルーム」です。

今回はマリオットゴールド会員のアップグレードはなかったようですね。

 

今回は1泊ですからけっこう期待していたので、少し残念です。(笑)

 

でも、いちばん低グレードの「デラックス・ガーデン・ツインルーム」ではありますが、十分広くてラグジュアリーなお部屋でした。

驚いたのは室内用のスリッパがおいていない事。

ホテルの方は、部屋には靴を脱いで「はだし」で上がっていました。次のルネッサンス・プーケットでも同様でしたのでプーケットではスリッパがないのが普通なのかも。

 

リビングスペース

デラックス・ガーデン・ツインルームのリビングスペースを360度画像でご覧ください。

 

 

アジアらしく木製のベッドです。全く動かないぐらい重いです。

アジアらしく木製のベッドです。全く動かないぐらい重いです。

寝っ転がって大きな窓をから外を眺めるスペースが特徴です。

寝っ転がって大きな窓をから外を眺めるスペースが特徴です。

寝っ転がってみるとこんな感じで外が見えます。

寝っ転がってみるとこんな感じで外が見えます。

テレビは埋め込み型。ディスクもあるのでノートパソコンでの作業などもできますね。

テレビは埋め込み型。ディスクもあるのでノートパソコンでの作業などもできますね。

バルコニー。寝っ転がりスペースがあるので使うことは少ないのではと思います。

バルコニー。寝っ転がりスペースがあるので使うことは少ないのではと思います。

薄手のバスローブがありました。

薄手のバスローブがありました。

ティセットはこんな感じです。

ティセットはこんな感じです。

ウエットスペース

ウエットスペースも十分に広くラグジュアリーな作りでした。

 

お風呂の前の木の扉を開けるとリビングスペースに繋がります。

お風呂の前の木の扉を開けるとリビングスペースに繋がります。

シャワーブースは独立。トイレがセパレートでないのが残念です。

シャワーブースは独立。トイレがセパレートでないのが残念です。

アメニティは英国の「AROMATHERAPY ASSOCIATES」でした。

アメニティは英国の「AROMATHERAPY ASSOCIATES」でした。

プール編

JWマリオットプーケットはとっても広いホテルです。

隣接するマリオット・バケーションホテルの施設も利用できるようで(チェックイン時にご説明いただきました)、プールだけでもたくさんのあります。

今回の宿泊で利用したのはJWマリオットプーケットのメインプール&メインプール隣接の子ども用プールです。

亀の像が特徴的なキッズプール。監視員付きの滑り台もあります。

亀の像が特徴的なキッズプール。監視員付きの滑り台もあります。

 

メインプール隣接の子ども用プールだけでも相当な広さがあります。

単に広いだけではなく、深さや形に工夫が凝らしてあって子どもが飽きずに遊ぶことができます。

例えば上の写真の亀の像の手前には側にはプールの中に水深10㎝ぐらいの通路があって、向こう側の滑り台まで渡れるようになっています。

また、メインプールに向けて徐々に深くなっていくのですが、要所要所をブイ(浮き)で区切ってあるので安心です。

 

キッズプールの前にはデッキがせり出していて子どもが遊んでいる近くでゆっくりとすることができます。

キッズプールの前にはデッキがせり出していて子どもが遊んでいる近くでゆっくりとすることができます。

キッズプール近くのデッキシートは混みあっていて、プールサイドの良い席はなかなか空いていません。

ただ全体のデッキシート数は多いからか長時間シートを確保する人は少ないため回転は早いです。

1時間ぐら後ろのシートに座っていたらプールサイドの席が空くのですぐに移動できます。

 

メインプール側。こちらは水深2mあります。こちらがわのデッキシートはいつも空いていました。

メインプール側。こちらは水深2mあります。こちら側のデッキシートはいつも空いていました。

 

デッキシートに座るとタオルとお水を持ってきてくれます。

またプールサイドでは無料のフルーツやアイスキャンディーが置いてあります。

フルーツは常時おいてあります。

アイスキャンディーは、プールサイドで作って(ジュースを凍らせて)いるようで、「凍ったら配って」を繰り返しているようです。

2時間に1回ぐらい配るような感じでした。

 

無料のフルーツ。フルーツは無くなるとすぐに補充してくれます。

無料のフルーツ。フルーツは無くなるとすぐに補充してくれます。

アイスキャンディーはビーチサイドでジュースを凍らせて作っているようで、配ったら作って、配り終わったらまた作って・・・と繰り返しているようでした。

アイスキャンディーはプールサイドでジュースを凍らせて作っているようで、配ったら作って、配り終わったらまた作って・・・と繰り返しているようでした。

プールサイドでランチ

せっかく16時までのレイトチェックアウトにしていただいたのでプールサイドでランチをしてみました。

メインプール側にプールバーがありこちらで注文もできますが、デッキシートからも注文することができます。

メインプール側にプールバーがあります

メインプール側にプールバーがあります

メニューはこちら。ホテル価格ですがそれほど高くはないかな。

メニューはこちら。ホテル価格ですがそれほど高くはないかな。

ドリンクはこちら。ビールが180バーツから。

ドリンクはこちら。ビールが180バーツから。

ハッピーアワーのメニューと、キッズメニューもありました。

ハッピーアワーのメニューと、キッズメニューもありました。

ビールを2つ、ジュースを2つ頼みました。ジュースは子どもの口に合わなかったようでほとんど飲まず。高いのに・・・。

ビールを2つ、ジュースを2つ頼みました。ジュースは子どもの口に合わなかったようでほとんど飲まず。高いのに・・・。

ピザはホテル内のイタリアン「CUCINA」からデリバリーしてもらえます。しかも実はCUCINAで頼むより値段がかなりお安くなってます。(笑)

ピザはホテル内のイタリアン「CUCINA」からデリバリーしてもらえます。しかも実はCUCINAで頼むより値段がかなりお安くなってます。(笑)

こちらのピザ。かなりのビックサイズです。これで390バーツならむしろお得価格です。 しかもとっても美味しかった。プーケットで一番おいしいピザでした。

こちらのピザ。かなりのビックサイズです。これで390バーツならむしろお得価格です。
しかもとっても美味しかった。プーケットで一番おいしいピザでした。

ミニチーズバーガー220バーツ。美味しかったらしくパパ・ママは味見がでみませんでした。

ミニチーズバーガー220バーツ。美味しかったらしくパパ・ママは味見がでみませんでした。

長女はプール近くの「Siam Deli」で購入したドーナツ。ビックサイズです。ちなみに小さなお子様はSiam Deliでパックジュースを購入して飲んだほうが良いです。

長女はプール近くの「Siam Deli」で購入したドーナツ。ビックサイズです。ちなみに小さなお子様はSiam Deliでパックジュースを購入して飲んだほうが良いです。

施設・サービス編

マイカオ地区にあるマリオットグループの中心ホテルの位置づけのJWマリオット・プーケット。

その分、施設もとっても充実しています。

あまりにも敷地が広すぎて私が実際に体験できたのはごく一部ではありますが、せっかくなのでご紹介しますね。

キッズクラブ

我が家のおススメの子連れファミリーの海外旅行スタイルは

無料のキッズクラブ付きのホテルでEnjoyしながら英語勉強をする

というものです。

JWマリオット・プーケットはキッズクラブがとっても充実しています。

なんと「キッズ(4~12歳)」と「ティーン(13~18歳)」向けのアクティビティが分けられているんです。

凄いですよね。もちろん無料です。(一部の有料プログラムあります)

JWマリオット・プーケットのキッズアクティビティプログラム。もちろん無料です。

JWマリオット・プーケットのキッズアクティビティプログラム。もちろん無料です。

キッズクラブ自身は、キッズプール(メインプール)近くにあり、アクセスしやすい位置です。

JWマリオット・プーケットのキッズクラブ。

JWマリオット・プーケットのキッズクラブ。

今回の滞在は1泊のみだったため、プール遊びを優先してキッズクラブの利用はしませんでした。

でも、キッズアクティビティの充実度はすごいですよね。子どもも飽きずに楽しめると思います。

遊んでみたかったなぁ。

Siam Deliは21時からのテイクアウトがお得

カフェのように軽食が食べれるお店Siam Deliはキッズプールの近くにあります。

こちらはカフェのようなお店なのですが、パンやケーキのテイクアウトができます。

JWマリオット・プーケットのSiam Deli。

JWマリオット・プーケットのSiam Deli。

 

こちらのお店は21時から22時の間、パンやケーキが半額で購入できます。

JWマリオット・プーケットは長期滞在者が多いホテルということもあり、21時前から半額セールを狙っている方がたくさんいらっしゃるようでした。

かく言う我が家も次の日の朝食はこちらのパンを半額でゲットしました。(笑)

SiamDeliのパン

SiamDeliのパン

SiamDeliでは21~22時の間、パンやケーキが半額になります。

SiamDeliでは21~22時の間、パンやケーキが半額になります。

半額になったとたん行列ができます。(笑)

半額になったとたん行列ができます。(笑)

凄い勢いでパンが売れていきました。(笑)

凄い勢いでパンが売れていきました。(笑)

ケーキやパイなども半額です。

ケーキやパイなども半額です。

ビールやジュースなどもこちらで売っています。

プールに近いのでプールサイドで購入したものを食べている人もいました。

ビールなども購入できます。ビールは180バーツぐらいでした。

ビールなども購入できます。ビールは180バーツぐらいでした。

もちろんジュースも売ってます。200mlぐらいのパックジュースがお買い得で40バーツぐらいだったかな。

もちろんジュースも売ってます。200mlぐらいのパックジュースがお買い得で40バーツぐらいだったかな。

正門とシャトルバス(カート)乗り場

ホテル正門でて左右と正面の写真です。

ホテル以外はなんにもないことがイメージできるでしょうか。

マイカオ地区のショッピングモールのタートルビレッジへは2~300mですので、シャトルバスを使わずに歩いていったほうが早いです。

またホテルカートが多数走っていて、空いていればホテルまで送ってくれます。

 

JWマリオットの正門でて右側の写真です。小さく写っている突き当りを右に曲がれば100mほどでタートルビレッジです。

JWマリオットの正門でて右側の写真です。小さく写っている突き当りを右に曲がれば100mほどでタートルビレッジです。

JWマリオット・プーケットの正門をでて右側の写真。ホテル警備の方がいます。

JWマリオット・プーケットの正門をでて右側の写真。ホテル警備の方がいます。

正門でてすぐ正面はアナンタラホテルの裏口。「タートルビレッジへの近道」とありますが道路を行っても歩く距離は変わりません。(笑)

正門でてすぐ正面はアナンタラホテルの裏口。「タートルビレッジへの近道」とありますが道路を行っても歩く距離は変わりません。(笑)

タートルビレッジへのシャトルバス乗り場はフロントから階段を降りたところにあります。ただタートルビレッジまで2~300mしかないのでシャトルバスを待つぐらいなら歩いたほうが早いです。(笑)

タートルビレッジへのシャトルバス乗り場はフロントから階段を降りたところにあります。ただタートルビレッジまで2~300mしかないのでシャトルバスを待つぐらいなら歩いたほうが早いです。(笑)

まとめ

夏休みを利用して初めてのプーケットのJWマリオットプーケットリゾート&スパに宿泊しました。

マリオットブランドの最高峰「JW」を冠するJWマリオットプーケット。

超大規模ホテルということもあり、ありとあらゆる施設・サービスがホテル内で完結します。

1泊しかできなかったのでキッズグラブを試せなかったのが残念ですが、子どもたちはプールを満喫できたみたいで楽しかったようです。

JWマリオットプーケットリゾート&スパ公式サイトはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。