fbpx

はじめてのユニバーサルスタジオジャパン子連れ旅行|USJ裏ワザメモ

夏休みに子連れでユニバーサルスタジオジャパン(USJ)を楽しんできました。
子連れでUSJに行くのは初めてということで、私が調べて実践してみた子どもが楽しめるUSJの裏ワザをご紹介します。

USJは朝一でも大渋滞

我が家がUSJへ行ったのは夏休みのお盆期間中でした。
今年の夏は異常気象でものすご~く暑かったですが、当日はあいにくの曇り模様。しかも途中から少雨となることもあって、全体的にはそれほど込み合っていなかったようです。

とは言えそこはUSJです。オープンの15分前に到着しましたが、入門ゲートは大渋滞でした。

USJのチケットはWebで購入できるのですが、その場合はバーコードを自分で印刷して持っていくことようです。
うまく読み込まないことが多々あるのでしょうね。列の進みが遅い原因だと思います。
たぶんチケットを「N in 1印刷」や「縮小印刷」などをすると読み込みNGのもととなりますのでご注意ください。

USJ人気アトラクションにはエクスプレスパスがなければ乗れない

USJでは有料のエクスプレスパス制度を導入しています。かんたんに言うとディズニーランドのファストパスを有料にしたもの。
我が家の場合、水かけ祭りがメイン、下の子が5歳と小さいため人気アトラクションにはほとんど乗れない、そしてなによりけっこうなお値段がすること、という理由によりエクスプレスパスは購入しませんでした。

ディズニーランドみたいに朝一にがんばれば2つぐらいは乗れるだろうと思っていたのですが、・・・甘かったです。

朝一でダッシュで向かった「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」はなんと180分待ち。

朝一ですよ!どういうことかと思いましたが現実です。
USJではエクスプレスパスが常に優先されるので朝一でもこれぐらいの待ち時間になっちゃうのかなぁと想像しました。

今回分かったことはUSJで人気アトラクションに乗りたければエクスプレスパスは必須ということです。

ちなみに「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」の隣にある「ミニオン・ハチャメチャ・アイス」は80分待ちだったかな?
1分30秒のアトラクションに80分も待てないので、こちらも並ぶのをあきらめました。

ハリポタエリアの入場整理券は出ないこともある

ガイド本によると大人気のハリポタエリアは「午前中で整理券配布が終わることがある」とあったため、ミニオンエリアに行く前にハリポタの入場整理券の配布場所に行ってみました。

ここで初めて分かったのですが、ハリポタエリアの入場整理券は混みあわなければ配布されないようです。

「とりあえず朝一で貰っとけばよいかなぁ」と思っていたのですが、「とりあえず配布」もされないみたいですので、完全に無駄足でした。(苦笑)

ちなみにこの日は最後までハリポタエリアの入場整理券は発行されませんでした。
しかも我が家は結局ハリポタエリアには足を踏み入れませんでした。まだ子どもたちがハリポタ見たことないので、なんとなく薄暗い怖いイメージがあるみたいです。

ウォーターガン(水鉄砲)はUSJの園内で買える

今回のユニバーサルスタジオジャパン訪問の最大の目的は水かけ祭りを楽しむ!ことです。
ユニバーサルスタジオジャパン内ではUSJ公認のウォーターガン(水鉄砲)しか使えません。

USJ公認のウォーターガンは園内で購入できます

当たり前だと思うのですが、園外でも売っているので「今買わないと、中では買えないのかなぁ」と心配になりました。
ウォーターガンはかさばるのでできるだけ後にしたい(少なくとも朝一ダッシュの後に買いたかった)と思われる方も多いと思いますので、情報としてあげておきます。

ちなみに過去にUSJで購入したウォーターガンなら利用できます。
今年のウォーターガンは肩掛け紐がついていないので100均などで購入して持っていくと良いとですね。

ちなみに今年のメインのウォーターガンはスプラトゥーン2にはまっている長男いわく
「リアル、ヒーローシューターレプリカだ!」だそうです。

たしかにちょっと似てますね。

セサミストリート・スノー・パーティーは小規模で穴場

セサミストリートのスノー・パーティーには2回参加しました。
どちらの回も人が少なく、開始後に来ても楽しめるぐらいでした。

後から参加したミニオン・スノー・パーティーに比べて規模が小さいんからか、参加者が少なく穴場になっているようです。
ミニオン・スノー・パーティーは人が多いので小さい子どもはもみくちゃにされてちょっと危ないかもしれないですが、セサミストリートのスノー・パーティーなら安心です。

写真の「鐘に水をかけて音を鳴らす」ののですが、人にかけられないので8歳の長男は水をかけ足りない感じでした。(笑)

ミリオン・スノー・パーティーは超混雑!子どもは注意!!

ミニオン・スノー・パーティーはものすごい人で大混雑でした。
はじめセサミストリートのスノー・パーティーをイメージしていたので、あまりの違いにびっくりしました。

メインステージに向かって会場が長細くなっているのですが、会場の再度にもミニステージがあります。
ミニステージからも水や氷が飛んできますが、ミニオンはメインステージだけの登場です。

「まだ前のほうが空いていま~す」というスタッフの声で前のほうに詰めたのですが、ぜんぜん空いていなくてぎゅうぎゅう詰めのエリアの中に無理やりいれてもらいました。

こんなに詰まってたら水かけられないよなぁと思いましたが、子どもたちはそれはそれで楽しかったみたいです。
でも小さな子どもたちが足元でちょこまか動くのでちょっと危ないですよね。

子どもエリアを作ればよいのにと感じました。

ミニオン・スノー・パーティー後のグリーティングは穴場かも

ミニオン・スノー・パーティーの後には前方でグリーティングがあります。
こちらのグリーティングですが、ミニオンたちの数が多いのと、思いのほかグリーティングに参加する人がすくないのもあって穴場になっているようです。

5~10分ぐらいで一緒に写真がとれました。

ミニオン・ウォーター・サプライズ・パレードに大興奮

そして本日のUSJのメインイベントのミニオン・ウォーター・サプライズ・パレードの時間です。
45分間のパレードですが、パレードの先頭が出発してから最後の山車がいなくなるのが45分間です。

水かけですが、至近距離か水を浴びせかけられます。びしょ濡れになりますので子供は水着、大人はカッパが必須でしょう。
カメラなどが水でぬれて使えなくならないようにご注意ください。

スタッフさんまったく容赦ないですからね。(笑)

パレードで2回水かけができる場所

水かけができるショーは15分ぐらいで、前半と後半に2回ありました。
2回目は山車の前半分はすでにいなくなっているので、後半部分に席取りをしていると2回水かけに参加できます。

山車の長さは日によって異なるようですので、一概には言えませんが、私が参加した日は、こちらの画像のココとかかている線より上側だと2回水かけに参加できました。

パレードの場所取りは30分前からで最前列

USJのミニオン・ウォーター・サプライズ・パレードの場所取りは30分前からでも最前列尾を確保できました。
ビニールシートで場所取りができますが、ショーが‐始まる前に片付けが必要です。(水で滑って危険なので)

USJの食事は屋台で本命

USJの食事ですが、やっぱり屋台が本命でしょうか。

ミニオンマンや。

チェロス。

お肉(肉の塊)やポップコーンなどもありました。(写真がなくてすいません。)

プレイング・ウィズ・おさるのジョージがおすすめ

子連れには今年新しくできた「プレイング・ウィズ・おさるのジョージ」がおススメです。
キャパが大きいので直前でも入れますし、パパ・ママは涼しい会場で椅子に座ってゆっくりできます。

パパ・ママ的には2回ぐらいみたくぐらいです。(笑)

始めに入口で少しお話があります。

その後はメインステージへ。
子どもは前へ、大人は後ろの席で座って見れます。

シャボン玉。

ユニバーサル・ワンダーランドエリアだけで1日遊べる

子連れUSJでしたら、ユニバーサル・ワンダーランド・エリアだけで一日遊べます。
子ども向けに特化しているので小さなアトラクションがメインのため、効率よく回れますし、公園的な遊びも充実しています。

特におススメは「エルモのイマジネーション・プレイランド」「スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー」です。
涼しい屋内でパパ・ママがゆっくりできますよ。

隅のほうにビニールシートを広げて座ってる人もたくさんいます。(笑)

夕食はユニバーサル・シティのたこ焼きミュージアム

夕食はユニバーサル・シティ(いわゆる駅ビルみたいなもの)の大阪たこ焼きミュージアムがおススメです。
有名どころのたこ焼き店がたくさん集まっています。

違う店舗に持ち込みも可能です。

本当はたくさんのお店を食べ比べたいのですが、疲れ果ててるので2店舗だけしか食べられなかったのが残念でした。

食べたのは甲賀流とくくるです。

大阪アメリカ村甲賀流

たこ家道頓堀くくる

感想としては「甲賀流は伝統の味!」「くくるは美味しい!」かな。

まとめ

夏休みに子連れでユニバーサルスタジオジャパン(USJ)を楽しんできました。
子連れでUSJに行くのは初めてということで、私が調べて実践してみた子どもが楽しめるUSJの裏ワザをご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください