横浜ベイシェラトン子連れ旅行記|リニューアルしたクラブラウンジでマカロンを!

もちろん全種盛りです。

2017年4月1日よりリニューアルしたばかりの横浜ベイシェラトンホテルのシェラトンクラブルームに宿泊しました。
パパとママの二人+7歳の長男と4歳の長女の2人の子供を連れての子連れ宿泊旅行記です。
さすがシェラトンクラブフロア!という素晴らしいサービスとでした。横浜ベイシェラトンホテルではシェラトンクラブルームがおすすめです!

予約編:リニューアルしたシェラトンクラブルームを予約

2017年4月1日よりリニューアルしたばかりの横浜ベイシェラトンホテルのシェラトンクラブルームを予約しました。
正確には初めの予約を入れたのは1ヶ月以上前です。SPGスターポイントを使ってSPGホテルカテゴリーが上がる前に予約済みでした。

2017年3月6日以降より横浜ベイシェラトンホテルのホテルカテゴリーが4から5へ上がるということで、少ないポイントで済む2月中に(シェラトンクラブフロアの改装後を狙って)予約しました。

もちろん全種盛りです。
横浜ベイシェラトン子連れ旅行記|リニューアルしたクラブラウンジでマカロンを!

横浜ベイシェラトンのクラブフロアの予約は5日前より受付

今回はシェラトンクラブフロアのお部屋クラブルームへのアップグレードを電話予約しました。

リニューアル後の
横浜ベイシェラトンのシェラトンクラブフロアは宿泊の5日前から電話予約が可能になります。

同じSPGホテルでも、クラブフロアの扱いはホテルごとに異なっています。
横浜ベイシェラトンは5日前から電話予約が可能とのこと。

実はリニューアル前の横浜ベイシェラトンはクラブフロアへアップグレードできる部屋数が少なく、なかなかアップグレードができなかったようです。
リニューアル後は、クラブフロアの部屋数も増えましたので、おそらく取りやすくはなっていると思います。

とは言うものの5日前の朝一にお電話をし、無事アップグレードをいただきました。

アップグレードは2,500スターポイント必要です。

SPGのホームページよるとカテゴリー5のホテルのアップグレードは1500~2750スターポイントとなっていますので、かなり高いほうですね。
先日カテゴリー6の東京ベイシェラトンでアップグレードした際は1500スターポイントでしたので、個人的にはちょっと違和感を感じてしまいました。

とは言えたったの2500スターポイントでクラブラウンジ利用&朝食付きにできるのですからお得感は満点です。

ちなみに小学生以下(12歳以下)の添い寝の子供も無料です。

週末の横浜ベイシェラトンのお値段

スターポイントで予約をしたら気になるのはお値段です。(小市民ですいません。(笑))

トップシーズンのGW後の週末の料金を調べてみます。
5/13はすでにあいていなかったので5/20の料金です。(SPGメンバー価格)

  • レギュラーフロア ツイン:32,380円(朝食無し)
  • クラブフロア ツイン:41,014円(クラブラウンジでの朝食付き)

これらのお部屋がスターポイントでしたら、2017年4月以降の新カテゴリーでの必要ポイントで

  • レギュラーフロア ツイン:12,000スターポイント
  • クラブフロア ツイン:14,500スターポイント

で宿泊できます!

チェックイン編:15時からチェックイン

横浜ベイシェラトンのチェックインは15時からです。事前に横浜ベイシェラトンのアーリーチェックインに渋いと聞いていたので(笑)15時すこし過ぎぐらいにチェックインしました。
(今思えばホテルレポートなのであえて早めにチェックインすれば良かったですね。(笑))

クラブフロアへのアッグレードの予約時に「チェックインは26階のクラブラウンジで」とご案内があったので26階に直接むかいます。

エレベーター内の階層表示がちょっと分かりづらいです。はじめパパが戸惑っていました。
クラブラウンジがある26階がクラブフロア24~27階の中階層にあるんですね。
この記事を書きながら写真を見てみて初めてパパが戸惑っていた理由に分かりました。初めて見ると確かにわからないですね。

24、25、27階を押すと「その階には泊まりません」と言われてしまいますし、他のお客さまがエレベーターに乗っていたら混乱すること間違いなしです。

「チェックインは26階のクラブラウンジ」と覚えておきましょう。

クラブルーム宿泊者のチェックインは26階のクラブラウンジで

クラブルーム宿泊者のチェックインは26階のクラブラウンジで

いつものように私と子供が軽食と飲み物をいただいているうちに、パパがチェックインをしてくれました。
すでにチェックイン中の方がいらっしゃったとのことで、それなりに混みあっていたようです。

チェック時にSPGゴールド特典として

  • 「スカイラウンジベイビュー」の1ドリンク
  • SPGスターポイント:250スターポイント

を選べるとのことでした。

「スカイラウンジベイビュー」の1ドリンクサービスは1人分とのことでしたのでSPGスターポイントを選択したようです。
(ツインのお部屋宿泊者に1ドリンクチケット1名分というのはいかがなものかと・・・。)

パパもラウンジに合流して30分ぐらいゆっくりしてお部屋に向かいました。
荷物は事前にお部屋に運んでいただきましたので子連れの我々にはありがたかったです。

クラブフロア宿泊特典

今回の宿泊ではクラブフロア宿泊特典として

  • クラブラウンジ利用
  • 朝食 (クラブラウンジで)
  • ジム&プール無料

などがありました。詳細はクラブフロア宿泊特典のご案内の写真をご覧ください。

ちなみにジム&プールは20歳未満は利用できないとありましたの子連れの我々は今回は利用しませんでした。

yokohama-bay-sheraton-lounge

お部屋編:クラブデラックスツインルーム

今回はお部屋をアップグレードいただいて24階の「クラブデラックスツイン」をご案内いただきました。

ツインのクラブルームは3種類あって2番目のツインにアップグレードいただいたことになりますね。

  • クラブツイン:34㎡
  • クラブデラックスツイン:46㎡
  • クラブプレミアムツイン:46㎡

クラブデラックスツインでも46㎡あって十分な広さです!
クラブデラックスツインとクラブプレミアムツインとの主な違いは眺望のようです。

リビング・ベッドルーム

まずはメインルーム(リビング・ベッド)ルームです。
エクストラベッド用のスペースにソファーがおかれてあり快適な空間です。

今回も360度カメラの画像ですのでぐりぐり動かしてみてください。

エクストラベッドもおける広いお部屋です。

エクストラベッドもおける広いお部屋です。

長女の大好きなソファー。クッションが3つありました。

長女の大好きなソファー。クッションが3つありました。

デスクスペースです。大きな空気清浄機も置いてあります。

デスクスペースです。大きな空気清浄機も置いてあります。

コーヒー&ティセット。今回も使わずじまいでした。

コーヒー&ティセット。今回も使わずじまいでした。

お水は500mlのペットボトルがお部屋に2本、シンクに2本置いてありました。もちろん無料です。

ウェットルーム

クラブデラックスツインはちょっと造りが変わっているのですが、ウェットルームとしてひとくくりにして紹介します。
シンク、トイレ、バス、シャワールームに分かれています。

こちらは収納スペース前にあるシンクを中心に撮った360度画像です。こちらは手洗い用のシンクでしょうか。

こちらはバスルームの中のシンクを中心に撮った360度画像です。
バスルームはバス、シンク、シャワールームに分かれています。

十分に広いセパレートタイプのトイレ。

十分に広いセパレートタイプのトイレ。

アメニティはシェラトンオリジナルのShineですね。

アメニティはシェラトンオリジナルのShineですね。

クラブラウンジ編:リニューアルしたシェラトンクラブレポート

横浜ベイシェラトンのクラブラウンジは、2017年4月1日よりホテル26階にリノベーションしてオープンしました。

地上100mから眺める横浜の眺望を堪能いただけるクラブラウンジは、ゆとりあるシームレスな空間に、ビジネスやレジャーの目的を果たす機能、
横浜を意識したインテリアがさわやかな上質感と落ち着きに満ちた空間です。公式HPより

今回の宿泊はこちらのリノベーションしたばかりのクラブラウンジに行ってみるのが目的です。
ワクワクしながらクラブラウンジの扉をひらきました。

まずクラブラウンジに入ってからのすぐの窓が目に飛び込みます。
横浜駅前の一等地の地上100mから見るクラブラウンジからの眺望は素晴らしいです。

yokohama-sheraton-location

地上100mからの眺望にかぶりつきの長男・長女

まだまだできたばかりのクラブラウンジということで、まずは公式HPからサービス概要をチェックしてみます。

まず驚きなのがオープン時間。なんと驚きの6時オープン!
ビジネスパーソンの利用を見込まれているからでしょうか。

次にサービス内容です。

・6:00 -10:00  ブレックファスト
・10:00-18:00 オールデイスナック
・18:00-20:00 カクテルアワー
・20:00-22:00 オールデイスナック

とのこと。

クラブフロア宿泊者は 朝食もクラブラウンジでいただけます。

クラブラウンジで気になるのは、やはりオールデイズスナックとカクテルアワーの内容ですね。
まだまだリニューアルオープンして間もないためまったく情報がありません。(口コミサイト でもいくつかコメントがあるだけで写真などの情報はありません。2017/4/29現在)

ということで当ページでしっかりと横浜ベイシェラトンのクラブラウンジのサービス内容を紹介させていただきます!(笑)

オールデイスナック

横浜ベイシェラトンのクラブラウンジにはオールデイスナックとしてブレックファストやカクテルアワー以外でもいつでも軽食がおいてあります。

yokohama-sheraton-cookies

常時おいてあるスナック。手前からクッキー4種、ドライフルーツ3種、ナッツ。

シリアルもいつでも食べられるので小腹がすいた時には便利ですね。

シリアルもいつでも食べられるので小腹がすいた時には便利ですね。

なんとWeissのチョコレートもオールデイズスナックです。

なんとWeissのチョコレートとフィナンシェもオールデイズスナックです。

機械式のコーヒーメーカー。安定の美味しさです。

機械式のコーヒーメーカー。安定の美味しさです。

炭酸系のソフトドリンクも充実しています。

炭酸系のソフトドリンクも充実しています。

ソフトドリンク。グァバジュースが人気のようでした。アイスコーヒーもあります。

ソフトドリンク。グァバジュースが人気のようでした。アイスコーヒーもあります。

ここまでがオールデイズスナックタイムのレギュラーの品ぞろえです。
ペストリーショップ「ドーレ」のペストリーシェフ「武藤修司氏」のフィナンシェやフランス老舗のショコラブランドWeissのチョコレートがおいてあるのは素晴らしいですね。

参考

Weiss chocolatesWeiss

もちろん全種盛りです。

もちろん全種盛りです。

でもそれだけじゃないんです!
15時からステキなおやつタイムが始まりました。

なんと武藤修司シェフオリジナルショコラです!

なんと武藤修司シェフオリジナルショコラです!

美味しそうなマカロンも!

美味しそうなマカロンも!

もちろん全種盛りです。

もちろん全種盛りです。

もうお腹いっぱい(笑)

庶民的なお話で恐縮ですがショコラは1個400円、フィナンシェも1個200円ぐらいで横浜ベイシェラトンB1階のペストリーショップ「ドーレ」で販売しています。
その他、クッキーもWeissのチョコレートも購入できます。

カクテルアワー

18時からはお楽しみのカクテルアワーが始まります。
カクテルアワーなのに18時~20時ですからね。これは(しっかりとした食事が)期待できます。(笑)

冷菜が3種類。ソースからしてフレンチ系のしっかりとした冷菜だと感じました。

冷菜が3種類。ソースからしてフレンチ系のしっかりとした冷菜だと感じました。

手前がサーモンと奥が欠品中ですがハム、サラミ、チーズなどのお皿です。

手前がサーモンと奥が欠品中ですがハム、サラミ、チーズなどのお皿です。

これもスイーツではなくお食事メニューです。子供は食べれませんでした。

これもスイーツではなくお食事メニューです。子供は食べれませんでした。

サラダも充実しています。

サラダも充実しています。

スパークリングワインと白ワイン。しっかりと辛いスパークリングワインでした。

スパークリングワインと白ワイン。しっかりと辛いスパークリングワインでした。

赤ワインとその他のアルコール。

赤ワインとその他のアルコール。

ビールも種類豊富です。ウメッシュがあるのが驚きでした。

ビールも種類豊富です。ウメッシュがあるのが驚きでした。

サーブ皿の写真はありませんが揚げ物もありました。子供はこればかり食べてました。

揚げ物もありました。子供はこればかり食べてました。

「ビールはやっぱりエビス」だそうです(パパ)。

「ビールはやっぱりエビス」だそうです(パパ)。

クラブラウンジまとめ

2017年4月1日よりリニューアルした横浜ベイシェラトンホテルのシェラトンクラブラウンジを満喫してきました。
武藤修司氏のショコラやWeissのチョコ、夕食の代わりになるカクテルアワーの品ぞろえなど、ステキなクラブラウンジでした。

たぶん我が家の4人でショコラだけで20個ぐらいは食べたと思います。

朝食編:クラブラウンジで朝食バイキング

今回の横浜ベイシェラトン宿泊ではクラブフロアのお部屋に宿泊したのでクラブラウンジでの朝食バイキングが無料でついていました。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルなどでは少しプラスすると看板店グランカフェでの朝食できるというサービスがあったのですが、横浜ベイシェラトンでは導入されていないようです。

横浜ベイシェラトンと言えば「コンパス」。コンパスはヨコハマではある意味シェラトンより有名なビュッフェのお店ですのでぜひ取り入れていただきたいです。

ご朝食サービス|クラブラウンジ

横浜ベイシェラトンのクラブラウンジ朝食サービスは

6:00 – 10:00

に行われています。

私たちは9時頃にうかがいました、ほとんど混雑はなかったです。

実はクラブフロアの客室は62室しかないそうです。
クラブラウンジのテーブル数だけでも2~30卓ぐらいありましたので、ゆっくり食事ができますね。

ホテル朝食と言えばエッグステーション。長男は3回オムレツをおかわりしました。

ホテル朝食と言えばエッグステーション。長男は3回オムレツをおかわりしました。

サラミとチーズ、サーモンです。

サラミとチーズ、サーモンです。

ベーコン、ハム、スクランブルエッグ。プレーンながらも美味しかったです。

ベーコン、ハム、スクランブルエッグ。プレーンながらも美味しかったです。

アスパラ、ポテト、ソーセージ、トマト。アスパラがおいしかったです。

アスパラ、ポテト、ソーセージ、トマト。アスパラがおいしかったです。

パンはどれもとってもおいしかったです。ドーレのパンでしょうか?!

パンはどれもとってもおいしかったです。ドーレのパンでしょうか?!

縦に長いジュースサーバー。

縦に長いジュースサーバー。

ヨーグルト。デザートはほかにもフルーツがありました。

ヨーグルト。デザートはほかにもフルーツがありました。

記事を書きながら、そういえば和食がないことに気がつきました。
ちょっと自信はないのですが、たぶんご飯やお味噌汁はなかったと思います。
和食派の方には少し物足りないかもしれませんね。

朝食バイキングまとめ

2017年4月1日よりリニューアルした横浜ベイシェラトンホテルのシェラトンクラブラウンジの朝食です。
この記事を書きながら「あれ?こんなに品数少なかったっけ?」と逆に写真が足りないことを心配しています。

「ホテルで贅沢な朝食を」というのにはちょっと物足りないかもしれませんが、味はしっかりシェラトンクオリティでしたので私としては大満足の朝食でした。

まとめ

当ブログ推奨のSPGアメックスカードでためたポイントを利用して横浜ベイシェラトンへ宿泊しました。
パパとママ+7歳の長男と4歳の長女の4人での子連れ旅行&宿泊記になります。

「ヨコハままログ」というヨコハマのブログをはじめてはや1年、ようやく横浜ベイシェラトンをご紹介できました。

横浜ベイシェラトンは2017年4月1日にクラブフロアをリニューアルしたばかりです。
さすがシェラトンクラブフロア!という素晴らしいサービスとでしたので、横浜におこしの際にはぜひ横浜ベイシェラトンホテルのシェラトンクラブルームに宿泊してみてください。

ホテル情報&宿泊予約

ホテル情報と宿泊予約はこちらからご覧ください。
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの公式サイトはこちら。

SPGアメックスカードをいちばんお得に作る方法

当ブログ推奨のSPGアメックスカード。SPGアメックスカードを紹介キャンペーンでいちばんお得に作る方法はこちらの記事をご参照ください。

SPGアメックスを紹介キャンペーン+αでお得に作る方法
SPGアメックスを紹介キャンペーン+αでお得に作る方法まとめ【2018年版】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。