★SPGアメックス紹介キャンペーンで112000ポイント獲得する方法★

マリオットBonVoy 2019年カテゴリーが発表|ポイント予約はお早めに

マリオットとSPGの統合プログラムの新名称「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」が発表されましたね。
すでにいろいろなブログで取り上げられていますが、基本は「名称変更だけで、その他のサービスの変更はない」ということのようです。

そんな中、2019年のマリオットのホテルカテゴリーが発表になりましたのでご紹介します。
2018年はマリオットとSPGの統合プログラム化で、年の途中でカテゴリーが変更になったこともあり、今年2019年は変更が少ないです。
それでも国内でも3ホテルのカテゴリーが変更になりましたので、マリオットのポイントを利用して宿泊をお考えの方はご注意ください。

マリオットの公式サイトはこちら

マリオットBonVoy 2019年カテゴリー

マリオットとSPGの新統合プログラム「マリオット BonVoy」の2019年のホテルカテゴリーが発表になりました。

昨年(2018年)、マリオットとSPGの統合で年の途中でカテゴリーが変更になる変則的な運用でしたので、今年(2019年)は変更が少ないです。
参考までに2018年8月と3月のホテルカテゴリー変更のまとめ記事を紹介します。

国内マリオット(spg)の新カテゴリーと無料宿泊ポイント|2018年8月マリオット・spg統合

マリオット&SPGの2018年ホテルカテゴリー変更まとめ|国内ホテルは4+3敗

マリオット BonVoyの2019年のホテルカテゴリーの変更は2勝1敗

マリオット BonVoyの2019年のホテルカテゴリーの変更は2勝1敗です。
大阪のホテル2つが、1ホテルが上がって、1ホテルが下るという、興味深い結果になっています。

ホテル名旧カテゴリー新カテゴリー
ウエスティン大阪56
セントレジス大阪87
ルネッサンス沖縄67

カテゴリーはもともと1年間を通じてのホテルの実際の宿泊費平均をベースに算出されると何かで読んだ記憶があります。(ソース不明なので”うわさ”程度に思っててください。)
セントレジス大阪と言えば「バトラーサービス付きの超高級ホテル」です。

一般庶民の我が家にとって敷居が高くてしり込みしてしまっていたので、ちょっと格がさがって利用しやすくなったというところでしょうか。
2018年の夏休みは大阪マリオット都ホテルを選びましたので、次の機会にはこちらの2ホテルも利用してみたいなぁ。

我が家としては、ルネッサンス沖縄のホテルカテゴリーが変更なったのが残念ですね。
子どもが小さい我が家では、沖縄でファミリー向けホテルで最高のホテルと信じてやまないルネッサンス沖縄をよく利用させてもらっていました。

調べてみると2017年からすでに3回宿泊しています。GWは2年連続こちらを利用させていただきました。
もともとハイシーズンは予約が取りにくい超人気宿です。カテゴリーUpで少しは予約が取りやすくなると良いのですが。

ルネッサンス リゾート オキナワ子連れ旅行記|最高のゴールデンウィーク!

ルネッサンス リゾート オキナワ子連れ旅行記|子育てファミリーおすすめホテル!

冬でも楽しいルネッサンス リゾート オキナワ子連れ旅行記|2月でも海遊び♪

2019年マリオットBonVoyカテゴリー変更の注意点

2019年マリオットBonVoyカテゴリー変更の注意点をまとめます。

カテゴリー変更は2019年3月5日から

カテゴリー変更は2019年3月5日から実施されます。
公式サイトに特段の記載はありませんが、例年カテゴリー変更前の予約は旧カテゴリーの必要ポイント数でできますので、すでに2019年の宿泊のご予定が決まっている方は、2019年3月4日までにご予約ください。

マリオットBonVoy 2019年よりカテゴリー8が本格運用

昨年より設定はされたものの未運用だった最高カテゴリーのカテゴリー8が2019年より本格運用されます。
今まではカテゴリー8もカテゴリー7と同じく60,000ポイントで宿泊できていたのが、2019年から85,000ポイントになりますのでご注意ください。

こちらも特段の記載はありませんが、こちらも同様にすでに2019年の宿泊のご予定が決まっている方は、2019年3月4日までにご予約をおススメします。

シーズン制の導入は未定

マリオットとSPGの新統合プログラムで導入された繁忙期ごとに必要ポイント数を分けるシーズン制については特に言及がありません。
やっぱり運用が難しいのかなぁと思ってしまいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください