SPGアメックスの特典で無料宿泊する方法|実際に家族でシェラトン東京ベイホテルに泊まってみた

メインカードをSPGアメックスに切り替えてもう3年になります。
お友達やこのブログでSPGアメックスカードのお得さをご紹介していたら、なんと昨年はSPGアメックスアンバサダーに任命いただきました。

SPGアメックスアンバサダーである私の「SPGアメックスカードの一番のおすすめの特典」はやっぱりマリオット(SPG)ホテルに「無料宿泊」できること。

先日、SPGアメックスカードの無料宿泊特典を使って家族4人でシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル(シェラトン東京ベイ)に宿泊しました。
SPGアメックスカードの無料宿泊特典の素晴らしさのご紹介と、シェラトン東京ベイの子連れ宿泊レポートをお送りします!

SPGアメックスカードで高級ホテルに無料宿泊する方法

SPGアメックスカードでマリオットやシェラトン、ウェスティンなどの高級ホテルに無料宿泊する方法を紹介します。

シェラトン、ウェスティン、リッツカールトンなどを含むマリオットグループでは、2019年2月からMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)という全グループホテルの共通サービスが始まりました。Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)サービス開始後も、旧SPGホテルグループの公式クレジットカードのSPGアメックスカードはもちろん利用できます。

SPGアメックスカードでは、クレジットカードの更新特典としてMarriott Bonvoy(=全マリオットホテルグループで使える)の「無料宿泊特典」がいただけます。
SPGアメックスカードの年会費は驚きの33,480円(税込)(笑)ですが、1泊3万円以上の高級ホテルに泊まれば十分にもとは取れてしましますね。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(宮崎)です。 これぞリゾート!と言えるオーシャンフロントの高層の高級ホテル。

無料宿泊の条件

SPGアメックスカードでいただけるMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)の無料宿泊特典の条件をまとめました。
この無料宿泊特典は利用制限日がないのでとっても使いやすいです。ANAはJALの特典航空券ってお盆や年末年始には使えないですよね。Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)はホテルの空きがあればいつでも使えますので、ホントにありがたいです。

2019年2月から新サービスMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)が始まりました。

添い寝の子どもの利用はホテルごとの規定によります。国内の半数ぐらいのホテルでは小学生までの添い寝が許されているので子育てファミリーにはうれしいですね。
また、無料宿泊でもSPGアメックスカードでいただけるMarriott Bonvoy (マリオットボンヴォイ)のゴールド会員特典も利用できますので、お部屋のアップグレードや14時までのレイトチェックアウトも利用できます。

無料宿泊の条件
  • 無料宿泊:1泊1室大人2名(添い寝の子どもはホテルごとの規定)
  • 部屋グレード:スタンダードルーム(一番お手頃価格のお部屋)
  • 対象ホテル:宿泊必要ポイントが50,000ポイント以内のマリオットボンヴォイ参加ホテル
  • 利用制限日:なし(空室があればいつでも利用可能)
  • 有効期限:約1年間(タイミングによるようですが1年とちょっとあります。)
  • その他のMarriott Bonvoy会員特典も利用可能
  • SPGアメックスカードの1年継続の更新後に

無料宿泊できるMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)参加ホテル一覧(国内)

SPGアメックスカードでいただけるMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)の無料宿泊特典は、宿泊必要ポイントが50,000ポイント以内のマリオットボンヴォイ参加ホテルです。

マリオットホテルグループの全ブランド。有名な高級ホテルブランドばかりです。


Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)参加ホテルは全世界で6700ホテルあります。何と言ってもマリオットは世界最大のホテルグループですからね。
ここでは日本国内のホテルだけを紹介させていただきますね。

Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)参加ホテルはホテルグレードを表すカテゴリーで分けられています。

カテゴリー無料宿泊必要ポイント
17,500
212,500
317,500
425,000
535,000
650,000
760,000
85,000
MEMO
2019年春からは無料宿泊に「スタンダード」「オフピーク」「ピーク」の3つのレートを設けることが発表されています。
無料宿泊特典は宿泊必要ポイントが50,000ポイントまでなので、カテゴリー1~6までの国内34ホテルが利用できます。
参考として本記事執筆時の翌週末土曜日の宿泊料金(マリオット公式サイトの最安値)を調べてみました。

カテゴリー4

カテゴリー5

カテゴリー6

おすすめの無料宿泊特典のホテル

無料宿泊特典で宿泊するならもちろんカテゴリー6ホテルがおススメです。
ホテルの宿泊費は時期や予約タイミングで大きく変わるのであくまでも参考ですが、ホテルのグレードで言えばやっぱり「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」と「ウェスティンホテル東京」が安定しておすすめできます。

スキーシーズンということもあってカテゴリー4のコートヤード・バイ・マリオット白馬の宿泊費が高騰しています。
例えば、ゴールデンウィークや夏休みなどなら、沖縄のオキナワ マリオット リゾート&スパシェラトン沖縄サンマリーナリゾートは5万円をこえてきます。
無料宿泊特典は利用不可日がないので、時期を選んで利用すれば、もっとお得に利用できますよ。

SPGアメックスカードの年会費は33,480円(税込)ですが、これらのホテルなら1泊するだけでしっかり年会費の元が取れてしまいますね。

実際に家族でシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテルに泊まってみた

SPGアメックスの無料宿泊特典を利用して、家族でシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル(シェラトン東京ベイ)に泊まりました。
シェラトン東京ベイは、言わずと知れた東京ディズニーリゾート®・オフィシャルホテル。ディズニーランドやディズニーシーとセットで利用するといいですね。

ディズニーオフィシャルホテルなのでディズニーランドやディズニーシーからのアクセス抜群です。

ディズニーリゾートラインの利用がおススメ

シェラトン東京ベイには、ホテルと舞浜駅間の無料シャトルバスサービスがあります。でもせっかくなのでディズニーリゾートラインで移動をおススメします。
ミッキーに囲まれたモノレールにのるとテンション上がりますからね。

ホテルと舞浜駅間の無料バスもあるのですが、ディズニーリゾートラインでの移動がおすすめです。

ディズニーリゾートラインのオフィシャルホテル最寄り駅は「ベイサイド・ステーション駅」です。駅からホテルまでは無料で、ディズニーリゾートクルーザーという特別使用バスでホテルまで送迎してくれます。実を言うとベイサイド・ステーション駅からシェラトン東京ベイまでは徒歩3分ぐらい。バスを待つ間に歩いたらホテルまで着いてしますのですが(笑)、せっかくなのでディズニーリゾートクルーザーにのることをおススメします。

ディズニーリゾートライン駅へのシャトルバスはディズニー特別使用のバスです。宿泊時はクリスマスシーズンだったのでリース付きでした。

宿泊したのはクリスマスシーズンだったので、フロントではクリスマスツリーがお出迎えです。

シェラトン東京ベイのクリスマスツリーです。大きすぎて写真に入りきらないぐらいです。

5人部屋に無料アップグレード

SPGアメックスカードがあればマリオットボンヴォイのゴールド会員特典として当日のお部屋に空きがあればアップグレードをいただけます。
シェラトン東京ベイでは「パーク側」と「海側」のお部屋がありますが、やっぱり夜の花火が見えるパーク側のほうがおススメです。

シェラトン東京ベイは3回宿泊したことがありますが、1度はアップグレード無し、1度はパーク側に無料アップグレード、そして前回は5つベッドがある広いお部屋に無料アップグレードいただきました。

ただし、シェラトン東京ベイは小学生以上には添い寝でも料金が発生しますのでご注意ください。
ちょっとうろ覚えですが、通常ですと3000円ぐらいだったと思います。まだ未就学児の長女は無料です。

メインの大きなベッド2つに、小さなベッドが3つもあったので、子どもを添い寝をしなくてよいので、ひさびさにゆっくり手足を伸ばせて眠れてよかったです。

メインベッドはダブルベッドが2つです。

奥には小さめのベッド3つ並んでいます。子供が寝るのにぴったりのスペースですね。

高級ホテルに泊まると楽しみなのは、アメニティチェックです。シェラトン東京ベイではシェラトンオリジナルブランドのアメニティですね。
私はシェラトンオリジナルブランドはとっても好きなのですが、アメニティはどうしても合う合わないがありますので初めて使用される際にはご注意ください。

アメニティはシェラトンオリジナルですね。

子ども用のパジャマやスリッパも用意してくれます。

子供用パジャマを追加でいただきました

パーク側のお部屋がおススメの一番の理由は、ディズニーの花火がお部屋から見えること。
5分程度ですが、ゆっくろと部屋から花火を眺められるって一番のぜいたくだと思います。

パーク側の部屋からだとディズニーの花火が見えます

プールなどの施設が充実

シェラトン東京ベイには無料で使える温水プールや、大浴場・プライランドなど施設が充実しています。
オアシスパスを購入すれば、13才以上 1700円、4-12才 1300円で大浴場・プライランドも使い放題ですので、実はディズニーに行かなくてもホテルだけで十分楽しめるぐらいです。(笑)

長男はプール遊びが大好きなので、無料でプールが利用できるのはありがたいです。

公式サイトからいただいてきたシェラトン東京ベイのプールの写真

舞湯と言う大浴場もあります。ちなみに時間によってはものすごく込みますのでご注意ください。パークが閉演前だと比較的すいています。

公式サイトからいただいてきたシェラトン東京ベイの温泉の写真

オアシスパスで使い放題になるトレジャーズ!アイランドというキッズパーク。先日利用時は外国人のお子様と一緒に遊んでました。さすがインターナショナルホテル!

トレジャーズ!アイランド”というキッズランドもあります。

まとめ

SPGアメックスアンバサダーである私こみゅのSPGアメックスカードの一番のおすすめ特典はやっぱりホテルへの「無料宿泊」です。

実際にSPGアメックスカードの無料宿泊特典を使って家族4人でシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル(シェラトン東京ベイ)に宿泊しましたので、
SPGアメックスカードの無料宿泊特典の素晴らしさのご紹介と、シェラトン東京ベイの子連れ宿泊レポートをご紹介しました。

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

SPGアメックスカードは紹介キャンペーンで申し込みするのがいちばんお得です。
もしご興味がございました、こちらの記事からお申し込みできますのでぜひご覧ください。

SPGアメックスを紹介キャンペーン+αでお得に作る方法【2019年2月】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください