fbpx

学資保険って必要?!学資保険に入っているママ友が多いので調べてみた

学資保険って必要だと思いますか?!
お友達のママと話する中で、学資保険に入っている人がとっても多いことに気がつきました。

学資保険のメリットとデメリットについて調べてみました。

学資保険とは

学資保険とは、子どもの教育資金を目的とした保険です。毎月一定額を払い込み、大学入学などのあらかじめ定められた時期に給付金という形でお金を受け取ることができます。

 

学資保険のメリット

いろいろと調べてみまして私が感じる学資保険のメリットをまとめました。

  1. 普通預金よりも金利が良い
  2. 税金の控除を受けられる
  3. もしもの場合の保障も付けられる
  4. 半強制的に貯蓄ができる

普通預金よりも金利が良い

金利は商品によっていろいろですが最近では高いものでは20%ちかいものもあるんですね。
実は私が以前長男が生まれた時に検討した時は10%もありませんでした。その時に比べたらずいぶん金利も上がりました。

もしもの場合の保障も付けられる

学資保険のいちばんのメリットはこちらでしょう。私たち親に何かがあった時でも子どもにお金を残すことができます。
大学入学時にまとまったお金があれば・・・と考えるともしもの時にも安心です。

学資保険のデメリット

学資保険のデメリットをまとめました。

  1. もしもの時に引き出せない。
  2. 保険会社の倒産リスク
  3. インフレリスク

保険会社の倒産リスク

学資保険の場合は、万が一保険会社が倒産した時には積み立ての90%程度が補償されるようです。
そうそう倒産するものがではないでしょうし、倒産した時にも0にならないので、私の感覚ではそれほどのリスクがあるわけではないと思います。

インフレリスク

学資保険は固定金利で長期間積み立てるものなのでインフレリスクがあります。
とは言えそんなこと言ってたら積み立てなんてできません。インフレに強い投資と組み合わせることができればよいですね。

まとめ

お友達のママと話する中で、学資保険に入っている人がとっても多いことに気がつきました。
賢いママ(利用者の感想です。)ならみんな入っている(ように感じる)学資保険についてのメリットとデメリットをまとめてみました。

学資保険についてこちらのサイトに分かりやすくまとめられているの興味がある方はご確認ください。

保険ROOM 学資保険

参考 学資保険保険ROOM

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください