SPGアメックス紹介キャンペーンで112,000ポイント獲得する方法

子どものYouTube視聴を禁止しました!メリットとデメリット

我が家には7歳(小2)の長男と4歳(年少)の長女がいます。
デジタルネイティブなふたりはスマホやタブレットを当たり前のように使いこなします。自宅ではAmazon FireStickを使いYouTubeを楽しんでいました。

先日パパから「YouTube禁止令」がだされ、子どもと一緒に3ヶ月以上YouTubeなしの生活を過ごして、私なりにそのメリットとデメリットが分かりました。
我が家以外にも「YouTube依存症」になっている(笑)お子さまも多いと思います。

本ページでは私が感じたメリットとデメリットを紹介します。

本記事の目的

子どものYouTube視聴を禁止したメリットとデメリットが分かる

子どものYouTube視聴を禁止した理由

我が家の場合YouTube視聴を禁止した直接の原因は、長男とお友達のトラブルが原因です。
当時は我が家では子どもにゲームを与えていなかったのですが、YouTubeのゲーム系チャンネルが、お友達のトラブルの原因になっているように感じたので禁止に踏み切りました。

子どもがYouTube視聴しないメリット

実際に7歳(小2)の長男と4歳(年少)の長女がYouTube視聴を禁止して分かったメリットを紹介します。

時間に余裕ができた

YouTubeを見なくなってYouTube視聴に奪われていた時間が無くなりましたので、子どもたちに時間的な余裕ができました。

YouTubeは面白い短時間コンテンツがエンドレスに見れる(=自動的に再生される)ので、子どもの「次が見たい」という気持ちがおさえられず、だらだらと長時間見てしまいがちです。

YouTube禁止後はAmazonプライムを中心に視聴していますが、Amazonプライムにはテレビ番組系のコンテンツが多く、そのほとんどが1番組およそ15~30分で構成されています。
「これで最後」と事前に言えば、しっかり視聴をやめることができます。

結果として子どもたちに時間の余裕ができました。
お勉強やご飯・お風呂・お着がえなど少し余裕が持てるようになりました。

言葉使いが良くなった

YouTubeを見るようになって特に長男の言葉使いが気になっていました。

あまりに子供に不適切な番組は見せないようにしていましたが、YouTuberの第一人者であるヒカキンさんなどの番組でも、十分に気を使われているとわかってはいるのですがそれでもちょっと気になる言葉使いがありますからね。
ヒカキンさんのチャンネルはもともと高学年以上をメインターゲットにしているのかもしれませんが、小学2年生が使う言葉としては不適切かなと感じることがありました。

もちろん小学校にはいろいろなお友達がいるので、いろいろな言葉使いを覚えるのは当たり前です。
ただ親として我が子から変な言葉をお友達に向けて発信させるのはいかがなものかと思っていました。

YouTubeを見なくなって言葉遣いの改善効果はてきめんだったように思います。

これまであった、思わず「ん?」と首をかしげるような発言をほとんどしなくなりました。

色々なことにチャレンジするようになった

YouTubeを見なくなって時間に余裕ができたからでしょうか、その時間を使っていろいろなことにチャレンジするようになったと思います。

チャレンジするようになったというとちょっと大げさですけど、いろいろな発想で自分なりに遊びを考えるようになりました。

これって親である私たちからすると「子供が備えている当たり前の能力」だと思うのですが、YouTubeによって受動的にコンテンツを受け取るだけに慣れてしまうと、そちらのほうが楽しいので、実際に体をうごかすことが少なくなってしまいます。

YouTube視聴禁止で、子どもらしい遊びにいろいろとチャレンジするようになったのは親としてうれしいですね。

AmazonとGoogle抗争の行方を気にしなくてよくなった

我が家の動画コンテンツ視聴のメインデバイスはAmazon Fire TV Stickです。
AmazonとGoogle間のトラブルが激化し、Amazon Fire TV Stickを含むAmazon系のデバイスでYouTubeが見れなくなるかもしれません。

YouTube禁止前なら、ちょっと困ったなぁと思っていたところでしょうが、とりあえず我が家は気にする必要がありません。(笑)

子どもがYouTube視聴しないデメリット

知識・発想の柔軟さに欠ける(かも)

YouTubeにはいろいろな番組があります。

多くのYouTuberの皆さんが競うようにいろいろなネタの番組を提供しているので、その発想の斬新さが素晴らしく、そして面白いんですよね。

子ども視点で見ても

  • 大人がアスレチックを本気で楽しんだり
  • 人のいない店内(駅やゲームセンターなど)で鬼ごっこをしたり
  • 色々なところで変な釣りをしたり
  • レゴでいろんなものを作ってみたり

面白い番組が多いです。

こういった番組を見ることで、子どもにとって多様な視点で物事を見るきっかけとなると思います。
その意味でYouTubeは子供の発想の柔軟さにつながると思います。こういった番組を見せられなくなったのは残念なところですね。

ボキャブラリー(語彙)が増えない

これはメリットの「言葉使いが良くなった」の逆になってしまいますが、YouTubeを見なくなることで、子どもが「知らない言葉」に接する機会が減りました。
子供向けの本や番組は子供向けの言葉を中心に構成されていますので、子ども向けのボキャブラリー(語彙)しか増えません。

YouTubeのメリットとして大人向けやちょっとお兄ちゃん向けのコンテンツを見ることで予想外のボキャブラリー(語彙)が増えるということがあると思います。

まとめ

子どものYouTube視聴を禁止したメリットとデメリットをまとめてみました。

パパにYouTube視聴を禁止されたときは「大変かな?」とも思いましたが、YouTubeが無いなりに何とかなりました。

禁止してみて改めて思ったことは「YouTubeは依存(中毒)性が強いので、小さい子供には見せないほうが良い」ということです。
子どもたちが自分で物事の良し悪しをある程度判断できるようになるまでは、しばらくYouTube視聴禁止を続けたいとおもいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください