fbpx

【速報】東京マリオットの新エグゼクティブラウンジレポート!

東京マリオットホテル子連れ旅行記|新エグゼクティブラウンジ編

お気に入りのホテル東京マリオットに新しいエグゼクティブラウンジがオープンしたとのご連絡をいただきました。

さっそく行ってみなきゃ!

こみゅ

ということで、パパを説得して行ってみることに。

パパからはかんたんにOKをもらったのですが、新しいエグゼクティブラウンジの効果とクリスマスシーズンということもあってか中々予約が取れません。
グレードの高いお部屋なら空いているんですけどね。
我が家では一番リーズナブルなお部屋を予約して、SPGアメックスカード付属のマリオット・ゴールド会員資格を使ってのアップグレードを狙っています。

参考SPGアメックスカードをいちばんお得に作る方法

ギリギリまで粘って宿泊当日(土曜日)に空きがでたのでさっそく予約して行ってきました。

東京マリオットの宿泊のお値段。年の瀬に差し掛かっているのでかなり高くなってきていますね。

東京マリオットの宿泊のお値段。年の瀬に差し掛かっているのでかなり高くなってきていますね。

色々考えて今回はSPGアメックスで貯めたSPGスターポイントを利用して宿泊することに。
東京マリオットにはSPGスターポイントで13,333ポイントに相当する40,000マリオット・リワードポイントで宿泊できます。(交換レート:3:1)

SPGアメックスでのマリオットゴールド会員資格が付与されていますので、13,333ポイントで45,050円相当のお部屋&サービス(上の画像の一番下に相当)にが受けられます。

やっぱりSPGアメックスってお得です

こみゅ

SPGアメックスカードでマリオットホテルにお得に泊まる方法の詳細はこちらの記事をご覧ください。

SPGアメックスでマリオットゴールド会員に!朝食とラウンジが無料 SPGアメックスでマリオットゴールド会員に!朝食とラウンジが無料

東京マリオットの新エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジはエグゼクティブフロア(21~25階)、またはマリオットリワードのゴールド・プラチナ会員専用のラウンジです。
「クラブ」ラウンジではなく「エグゼクティブ」ラウンジということで一般的なラウンジよりエグゼクティブなサービスを期待しちゃう名前ですね。

もともとエグゼクティブラウンジの評価が高かった東京マリオットですが、これまでのラウンジは1階の窓のないお部屋でちょっと圧迫感があったのが唯一の欠点でした。

東京マリオットの旧エグゼクティブラウンジ前の看板。26階に移動した旨告知されています。

東京マリオットの旧エグゼクティブラウンジ前の看板。26階に移動した旨告知されています。リニューアルオープン日は公式には2017年12月3日(日)となっていますが、実際には11月29日よりプレオープンしていたようですね。

東京マリオット旧エグゼクティブラウンジのレポートはこちらをご覧ください。

東京マリオットホテル子連れ旅行記|エグゼクティブラウンジ編

新エグゼクティブラウンジが26階に移動し、もちろん窓の開口も大きくとられ、さらにエグゼクティブな空間に生まれ変わりました。

東京マリオットのエグゼクティブラウンジ。26階で解放感のラウンジに生まれ変わりました。

東京マリオットのエグゼクティブラウンジ。26階で解放感のあるラウンジに生まれ変わりました。

解放感はあるものの57座席とちょっと詰め込み感があります。

57座席とちょっと詰め込み感があります。

新ラウンジは240㎡に57席ということで、旧ラウンジと比べて広さは同じぐらいで座席数が多くなったという感じでしょうか。
私としてはパーソナルエリアの狭い日本人的感覚からするとちょっと窮屈な印象を受けるのではないかと思いました。

東京マリオットファンだからこそこの際はっきり言ってしまいます。どう考えてもテーブル間隔が狭すぎます。これはぜったいNGですよ!

こみゅ

ラウンジスタッフなどの対応は相変わらずの高クオリティですが、この新ラウンジの座席間隔には首をかしげざるを得ません。
これからクリスマス&年末年始にむけてできるだけ多くのお客様に新ラウンジを利用してファンになってもらいたいという気持ちはわかりますが、このままですとかえって新ラウンジの印象を悪くしないか心配です。

東京マリオットエグゼクティブラウンジ詳細

東京マリオットの新エグゼクティブラウンジの詳細をご紹介します。

  • 座席数57席
  • 面積243.67㎡ 
  • 6:30~23:30:オールデイスナック(ブッフェ形式)
  • 17:30~19:30 イブニングカクテル(ブッフェ形式)
  • 19:30~21:30 イブニングバイト(ブッフェ形式)

また宿泊時にいただいたエグゼクティブラウンジのご紹介の資料はこちらをご覧ください。

チャックイン時にいただいた東京マリオットの新エグゼクティブラウンジのご案内

チャックイン時にいただいた東京マリオットの新エグゼクティブラウンジのご案内

マリオットゴールドメンバー特典の朝食は、エグゼクティブラウンジではなくラウンジ&ダイニングGでとのご案内があります。

新ラウンジに切り替わって一番心配してたのは「朝食がどうなるか」でした。
東京マリオットのラウンジ&ダイニングGは「最高に素晴らしい朝食」なので、ラウンジでの朝食にならずにうれしいです。

またエグゼクティブラウンジの「お持ち帰り可能(グラブ&ゴー)」も継続しています。

チェックイン編

エグゼクティブラウンジでチェックインをしてもよかったのですが、混雑しているとのことでしたので今回は1階のチェックインカウンターで行いました。

本来のチェックイン時間は15時からですが、ちょっと早い14時30分ごろにはお伺いしましたが快くチェックインに応じていただきました。

チェックイン時にいただいた東京マリオットのマリオットゴールドメンバー特典のご案内資料。

チェックイン時にいただいた東京マリオットのマリオットゴールドメンバー特典のご案内資料。

今回満室だったようでスタッフの手が回っていないのか、ポーターによる部屋への荷物の運搬のお手伝いはありませんでした。
マリオットでの宿泊で自分で荷物を部屋に運んだのは初めてような気がします。
荷物を自分で運ぶこと自身は特に問題はないのですが、なにか一言お声がけがあると良かったかもしれませんね。

ちなみにチェックアウト前にエレベーター内で一緒になったスタッフからは「お荷物をお持ちしましょうか?」とお声掛けをいただき、さすがだなぁと感心しました。

チェックイン後にお部屋に荷物を置いた後、さっそくラウンジに向かいます。

東京マリオットのエグゼクティブラウンジ入口はお部屋のカードキーを使ってのタッチカード式です

東京マリオットのエグゼクティブラウンジ入口はお部屋のカードキーを使ってのタッチカード式です

オールディスナック編

東京マリオットのエグゼクティブラウンジが空いている時間6:30~23:30は「オールデイスナック」タイムとしては、クッキー・キャンディ・フルーツ&ソフトドリンクなどが提供されます。

東京マリオット新ラウンジのオールデイスナック。瓶詰めされたカラフルなお菓子が楽しめます。

東京マリオット新ラウンジのオールデイスナック。瓶詰めされたカラフルなお菓子が楽しめます。

東京マリオット新ラウンジのオールデイスナックの瓶詰めされたお菓子その2です。クッキーやドライフルーツ。お寿司せんべいもありました。

東京マリオット新ラウンジのオールデイスナックの瓶詰めされたお菓子その2です。クッキーやドライフルーツ。お寿司せんべいもありました。

これらのお菓子をカプセルに入れて持ってかえることができます。

これらのお菓子をカプセルに入れて持ってかえることができます。

冷たい飲み物は冷蔵庫の中に。

冷たい飲み物は冷蔵庫の中に。

マリオットの紅茶と言えばTWG。もちろんこちらのラウンジにもありました!

マリオットの紅茶と言えばTWG。もちろんこちらのラウンジにもありました!

オールデイスナックを全部取りしてみました。(笑)

オールデイスナックを全部取りしてみました。(笑)

イブニングカクテル編

17時30分~19時30分はお楽しみのイブニングカクテルタイムです。
この時間からアルコールが解禁されます。
以前より評価の高かった東京マリオットホテルのイブニングタイムはどのようになったのでしょうか。

我が家はちょっと出遅れて18:30ごろにラウンジに到着しました。
そこで見たのは人、人、人の大混雑のラウンジ。

全席が埋まっており、空き次第お部屋にお電話しますとのこと。

ちょっと東京マリオットの新ラウンジの人気ぶりを侮っていたようです。
まるで人気のレストランのような混雑でした。(笑)

この種明かしをすると、東京マリオットでは現在「新エグゼクティブラウンジプラン」を実施中だからのようです。
確かに当記事の冒頭の価格表でもエグゼクティブラウンジアクセス権付きのプランが一番安くなってますもんね。
ラウンジがこれだけ込み合うのも納得です。

東京マリオット新ラウンジのイブニングカクテルタイムの料理です。ちょっと手が込んだものがたくさんあります。

東京マリオット新ラウンジのイブニングカクテルタイムの料理です。ちょっと手が込んだものがたくさんあります。

東京マリオット新ラウンジのイブニングカクテルタイムは「温かい食べ物」が提供される時間です。

東京マリオット新ラウンジのイブニングカクテルタイムは「温かい食べ物」が提供される時間です。

料理は次から次へと追加されていましたので、欠品していてもすぐに補充がされます。
イブニングカクテルタイムは(続くイブニングバイトとは違って)「温かい食べ物」が提供される時間とのこと。

もちろんチーズやサラダなどの冷たい食べ物もあります。

サラダはおしゃれなカップに入っていました。

サラダはおしゃれなカップに入っていました。

もちろんデザートもあります。

もちろんデザートもあります。

飲み物はビール、ワイン、シャンパン、リキュール、なんでもそろっています。
びっくりしたのはスパークリングワインではなくシャンパンが提供されていたことです。

東京マリオットの新ラウンジのシャンパン「マム グラン コルドン」

東京マリオットの新ラウンジのシャンパン「マム グラン コルドン」

19時30分ごろより食事が順次引き上げられイブニングバイトタイムに移行します。

イブニングバイト編

19時30分から21時30分までがイブニングバイトタイム。
イブニングカクテルタイムから温かい食べ物がなくなった感じですね。
お酒を飲むための軽いおつまみという位置づけのお料理が提供されていました。

東京マリオットの新ラウンジのイブニングバイトではちょっとつまめる食べ物がメインに

東京マリオットの新ラウンジのイブニングバイトではちょっとつまめる食べ物がメインに

今回スタートが遅かったのでイブニングバイトタイムもしばらく残っていましたが、イブニングバイトタイムだけに提供される料理があるわけではなさそうでした。
新しいデザートとかないかなぁと期待していましたが特にありませんでした。(笑)

朝食編@ラウンジ&ダイニングG

朝食はホテル1階のメインダイニング「ラウンジ&ダイニングG」でいただけます。
ビュッフェ形式でいただくこともできますし、アラカルトメニューを注文することもできます。

東京マリオットは国内マリオットの中で最高クラスの朝食が楽しめるホテルです。
朝食ビュッフェの詳細はこちらの記事をご覧ください。

東京マリオットホテル子連れ旅行記|朝食ビュッフェ編
東京マリオットでの朝食の一皿

東京マリオットでの朝食の一皿

東京マリオットのローカルオムレツはしらすオムレツ

東京マリオットのローカルオムレツはしらすオムレツ

クリスマスらしくツリーにドーナツが

クリスマスらしくツリーにドーナツが

ホテル情報&宿泊予約

ホテル情報と宿泊予約はこちらからご覧ください。(公式サイト)
東京マリオットホテル 

マリオットホテルにいちばん安く+特典付きで宿泊する方法はこちらの記事をご覧ください。

マリオットホテルにいちばん安く+特典付きで宿泊する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください