デザインテーマを変更しました(11/18)

奥武島で沖縄ローカルグルメを満喫|初日・最終日におススメ

奥武島てんぷらの代名詞「中本鮮魚店」

奥武島で沖縄ローカルグルメを満喫

奥武島をご存知でしょうか。奥武島と書いて「おうじま」と読みます。

観光客には沖縄ローカルグルメである「てんぷら」で有名な島。沖縄ローカルにはハーリーで有名のようですね。

沖縄観光ガイド本ではローカルグルメとして「てんぷら」が掲載されています。

観光客視点で沖縄のてんぷらで双璧が「牧志公設市場」と「奥武島」です。

私も以前より奥武島の名前は知っていたのですが、なかなか行く機会がなく、今回「奥武島」初訪問となります。

これまで訪問しなかったのがもったいないぐらい、楽しい島でした。特に子連れファミリーにおススメです!

奥武島てんぷらの代名詞「中本鮮魚店」

奥武島の「てんぷら」の代名詞と言えば、島への橋を渡ってすぐのところにある「中本鮮魚店」です。

もともと鮮魚店で余った魚をてんぷらにして売っていたのがてんぷらのルーツとのこと。

奥武島てんぷらの代名詞「中本鮮魚店」

奥武島てんぷらの代名詞「中本鮮魚店」

中本鮮魚店ですが、橋を渡ってすぐのところにあり、お店自身はすぐに見つかるのですが、車を停めるところがみつかりませんでした。

写真を見てわかるように、店の前が駐車スペースなのですが、こちらに車を停めている人は皆無。

みなさん路上駐車をして買いにいかれているようで、観光客の私たちはローカルルールがわからないため駐車することができませんでした。

3拍子そろった奥武島いまいゆ市場

奥武島で駐車場を探して右往左往してたどり着いたのは「奥武島いまいゆ市場」です。

奥武島いまいゆ市場は駐車場も広くておススメです。

奥武島いまいゆ市場は駐車場も広くておススメです。

駐車場も広くて、中に入っているお店も魅力的、そして中本鮮魚店へも子供の足で徒歩5分と3拍子そろった施設です。

いまいゆ市場の中にはこんな感じで小さなお店がたくさん入っています。

いまいゆ市場の中にはこんな感じで小さなお店がたくさん入っています。

海鮮いなりがとっても美味しそうでした。1個100円です。

海鮮いなりがとっても美味しそうでした。1個100円です。

土日限定の海鮮丼お得価格です。普段は500円みたいです。

土日限定の海鮮丼お得価格です。普段は500円みたいです。

中本鮮魚店でてんぷらを購入

そして中本鮮魚店まで歩いて、念願のてんぷらを購入。

列は長かったですが、10分ぐらいで購入できました。

種類が多く何を頼むか悩ましいところ。

ショーウインドウにならぶてんぷらの数々。

ショーウインドウにならぶてんぷらの数々。

1つ65円ほどから。定番を複数個買うか、たくさんの種類を購入するか悩ましいところ。

1つ65円ほどから。定番を複数個買うか、たくさんの種類を購入するか悩ましいところ。

購入したてんぷらはお店わきのテーブルで食べられます。

購入したてんぷらはお店わきのテーブルで食べられます。

奥武島いまいゆ市場で昼食

そして中本鮮魚店のてんぷらといまいゆ市場の食材でランチにしました。

市場のまえにテーブルが置いてあって、購入したものを食べれるようになっています。

すぐ近くの漁港で海に向かって食べている人も多かったですよ。

300円のお買い得海鮮丼がおいしいのはもちろんですが、特におススメはモズクです。これまでのモズク感が覆される美味しさでした。

300円のお買い得海鮮丼がおいしいのはもちろんですが、特におススメはモズクです。これまでのモズク感が覆される美味しさでした。

不思議なネーミングの「さかな」のてんぷら。さかなの名前は聞いたけど忘れてしまいました。

不思議なネーミングの「さかな」のてんぷら。さかなの名前は聞いたけど忘れてしまいました。

もずくのてんぷら。

もずくのてんぷら。

 

おすすめ駐車場:いまいゆ市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。