マリオットホテル宿泊をさらに楽しめるクレジットカードが今ならお得に

MarriottBonvoyアメックスプレミアムカード特典まとめ

SPGアメックスカードがマリオットボンヴォイアメックスカードへ

旅行好きの方に大人気のプレミアムカードSPGアメックスカードがMarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックス・プレミアム・カードに生まれかわりました。
また新しく通常グレードカードにあたるMarriottBonvoyアメックス・カードも新設されます。

気になるMarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックス・プレミアム・カードとMarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックスカードの特典や料金をまとめました。

本記事を読むと分かること
  • MarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックス・プレミアム・カードの特典/料金
  • MarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックスカードの特典/料金
  • MarriottBonvoyアメックス・プレミアム・カードとSPGアメックスカードの比較
マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアム・カードの特典/料金
  1. 年会費:49,500円(税込み)
  2. 年間400万円のカード利用でプラチナエリート会員資格を提供
    15泊分のご宿泊実績をプレゼント
  3. ゴールドエリート会員資格自動的に付与
    無料宿泊特典(交換レート50,000ポイントまで)をプレゼント
    年間150万円以上のカードご利用が必要)
  4. 家族カードの年会費が1枚目無料
  5. 指定ホテル2連泊以上のご予約で100米ドルクレジット特典
  6. お持ちのスマートフォンの修理代金を補償
  7. Marriott Bonvoy参加ホテルの利用で100円=6ポイント
  8. 日々のお支払いで100円=3ポイント

公式アメリカンエクスプレス:マリオットボンヴォイ・プレミアム・カード

マリオットボンヴォイアメックスの入会キャンペーンも始まりました。
マリオットボンヴォイの入会キャンペーンはこちらの記事で詳細をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

マリオットボンヴォイアメックスの入会キャンペーン徹底紹介

SPGアメックスはMarriottBonvoyアメックス・プレミアム・カードへ

2022年2月24日(木)以降、SPG(スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カードはMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(マリオットボンヴォイアメックスプレミアムカード)へ生まれ変わりました。
(現在、SPGアメックスカードをお持ちの方はMarriottBonvoyアメックス・プレミアム・カードへ自動更新されます。)

それでは早速、気になるMariottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックス・プレミアム・カードの特典を紹介します。

marriott-premium-card

MarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)・プレミアム・カード

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアム・カードの特典

MarriottBonvoyアメックス・プレミアム・カード主要特典
  1. 年間400万円のカード利用でプラチナエリート会員資格を提供
    (プラチナエリート会員:通常年間50泊実績が必要)
  2. 15泊分のご宿泊実績をプレゼント
  3. ゴールドエリート会員資格自動的に付与
    (ゴールドエリート会員:通常年間25泊実績が必要)
  4. 無料宿泊特典(交換レート50,000ポイントまで)をプレゼント
    年間150万円以上のカードご利用が必要)
  5. 家族カードの年会費が1枚目無料
  6. ザ・リッツ・カールトン/セントレジス2連泊以上のご予約で100米ドルのプロパティクレジット
  7. お持ちのスマートフォンの修理代金を補償
    (最大30,000円)
  8. Marriott Bonvoy参加ホテルの利用で100円=6ポイント
  9. 日々のお支払いで100円=3ポイント

一番の注目サービスは「400万円カード利用でプラチナエリート会員」ですね。
これまで50泊の宿痾区実績が必要なところが、カード利用だけでプラチナ会員になることができます。
ただカード支払いを400万円おこなうのは一般人にはなかなかハードルが高いですw

マリオットボンヴォイ・アメックス・プレミアム・カードの年会費

MarriottBonvoyアメックスカードの年会費は49,500円です。これまでのSPGアメックスに比べて15,400円高くなりました。
一方で家族カードは1枚目無料とのことで、家族カードをお持ちの方でしたら実質値下げになります。

MarriottBonvoyアメックスカード年会費
  1. 基本カード年会費(税込) 34,100円⇒49,500円
  2. 家族カード年会費(税込) 17,050円⇒1枚目無料
    2枚目以降24,750円/枚

ただし家族カード会員がマリオットボンヴォイ特典を受けることはできません。(公式サイト「よくある質問」より)
家族カード会員のみでのマリオットグループホテル宿泊ではマリオットボンヴォイ上級会員特典は受けることができませんのでご注意ください。

エリート会員資格は、家族カード会員にも適用されますか?

エリート会員資格は、基本カード会員様のみ対象となります。

MarriottBonvoyアメックス・カードが新設定

今回のMarriottBonvoyアメックス・プレミアム・カードにあわせて通常グレードにあたるMarriottBonvoyアメックス・カードも登場しました。

MarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)カード
MarriottBonvoyアメックス・カード特徴
  1. 年会費:23,100円(税込)
  2. 年間100万円のカード利用でゴールドエリート会員資格を提供
    (ゴールドエリート会員:通常年間25泊実績が必要)
  3. 5泊分のご宿泊実績をプレゼント
  4. シルバーエリート会員資格自動的に付与
    (シルバーエリート会員:通常年間15泊実績が必要)
  5. 無料宿泊特典(交換レート35,000ポイントまで)をプレゼント
    年間150万円以上のカードご利用が必要)
  6. 家族カードの年会費が1枚目無料
  7. ザ・リッツ・カールトン/セントレジス2連泊以上のご予約で100米ドルのプロパティクレジット
  8. お持ちのスマートフォンの修理代金を補償
    (最大30,000円)
  9. Marriott Bonvoy参加ホテルの利用で100円=4ポイント
  10. 日々のお支払いで100円=2ポイント

こちらは新規サービス開始のカードになります。
年会費はリーズナブルでよいのですが、日々のカード支払いでいただけるポイントは100円=2ポイントに下がってしまうのが残念です。

SPGアメックスとMarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックス・プラチナカードの比較

分かりやすいようにSPGアメックスとマリオットボンヴォイ・アメックス・プラチナ、マリオットボンヴォイ・アメックスの比較表を作成しました。

公式アメリカンエクスプレス:マリオットボンヴォイ・カード比較表(PDFが開きます)

比較してみるとサービス差がよくわかりますね。
一番注目サービスである「400万円カード利用でマリオットプラチナ会員になれる」をどうとらえるかが一番のポイントだと思います。

まとめ

新しいMarriottBonvoy(マリオットボンヴォイ)アメックス・プレミアム・カードを紹介しました。皆様いかがだったでしょうか。

マリオットボンヴォイ・プレミアム・カードとマリオットボンヴォイカード(一般)でどちらにするべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。

メインカードとして利用すれば年間100万円のカード利用は十分達成できると思うのですが、400万円はかなり難しいですよね。
そうなると現状維持ならマリオットボンヴォイカード(一般)からのゴールド会員で十分です。(マリオットボンヴォイカード(一般)で年間100万円のカード利用でMarriottBonvoyゴールド会員になれる)

年間15泊の宿泊実績があれば、もうちょっと宿泊できればプラチナ会員に届くという人であれば、マリオットボンヴォイ・プレミアム・カード一択です。
最近は国内にお値段控えめのホテルが増えてきているので、ホテル修行をしてプラチナ会員維持という方にはおすすめです。

ただし、カード利用でいただけるポイントにもプラチナ3pt/一般2pt(100円当たり)と差がありますから、100万円利用すると10,000ptも差がついてしまいますね。
そう考えるとやっぱりマリオットボンヴォイ・プレミアム・カードかなぁと思います。

難しいところです。

我が家の場合は、パパと私の2枚それぞれ持っているSPGアメックスを、
パパ用の1枚(&私用の家族カード)だけにして、マリオットボンヴォイ・プレミアム・カードにしようと思っています。

マリオットボンヴォイの入会キャンペーンはこちらの記事で詳細をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

マリオットボンヴォイアメックスの入会キャンペーン徹底紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください