デザインテーマを変更しました(11/18)

沖縄の御菓子御殿は子連れファミリーが半日遊べる観光スポット

御菓子御殿の紅芋タルトコーナー。生菓子の紅芋タルトもあります。

沖縄の御菓子御殿は子連れファミリーが半日遊べる観光スポット

我が家では、沖縄のお土産といったら紅芋タルト。

紅芋タルトと言えば御菓子御殿といえるぐらい、沖縄旅行には欠かせないお店。

沖縄に行く際には必ず御菓子御殿にお邪魔しています。

沖縄にはたくさんの店舗がありますが、特におススメなのは以下の2つです。

共に観光地の近くにあって、何かの折に足を運びやすいですし、施設も充実しています。

特にこちらの2店舗はファミリーにおすすめで、子連れファミリーが楽しめるいろいろな施設があります。

御菓子御殿 恩納店子連れレポート

今回の旅行では宿泊ホテルが恩納だったので、御菓子御殿恩納店におじゃましました。

バイパスが開通してからこちらの道を通ることが少なくなりましたので久々の訪問です。

万座毛に行かれる方はセットで訪問されると良いと思います。

御菓子御殿 恩納店のマップ

御菓子御殿 店内

御菓子御殿にはお菓子と中心としたお土産物がなんでもそろっています。

なかでも紅芋タルトは、お菓子御殿といえば紅芋タルトと言えるぐらい有名なお菓子です。

店頭やホームページでも「元祖紅いもタルト」と書かれていますし、沖縄で初めて紅芋タルトを作ったお店なのかもしれないですね。

御菓子御殿の紅芋タルトコーナー。生菓子の紅芋タルトもあります。

御菓子御殿の紅芋タルトコーナー。生菓子の紅芋タルトもあります。

もちろんお土産に紅芋タルトの購入も欠かせませんが、生菓子の紅芋タルトも販売しています。

やっぱり生菓子ですと美味しさが1周り違ってきますので、訪問したらぜひ食べていただきたいところです。

我が家ではいつもアイスクリームにするか紅芋タルトにするか迷うところなのですが・・・。

御菓子御殿恩納店にはお菓子の製造工程が見学できるコーナーがあります。ちょうど作業をされている方がいて長男がかぶりつきで見学していました。

御菓子御殿恩納店にはお菓子の製造工程が見学できるコーナーがあります。ちょうど作業をされている方がいて長男がかぶりつきで見学していました。

沖縄旅行で買おうと決めていた「35coffee(サンゴコーヒー)」もこちらのお店で売ってます。

沖縄旅行で買おうと決めていた「35coffee(サンゴコーヒー)」もこちらのお店で売ってます。

サンゴで焙煎したコーヒーしたという35coffee(サンゴコーヒー)もこちらで販売しています。

ピーナッツ菓子もおススメ。黒糖がナッツにからんでやさしい甘さが楽しめます。

ピーナッツ菓子もおススメ。黒糖がナッツにからんでやさしい甘さが楽しめます。

あとは我が家が必ず買って帰るのはこちらのピーナッツ菓子。

すこし焦がした黒糖がナッツにからんで大人向けの味です。

沖縄物産展などで購入すると黒糖がバリバリに割れていてまったく風味がちがいます。

300円程度と値段もお手頃ですので自家用におすすめですよ。

今回の戦利品です。いつもお世話になっている方へのお土産。とっても喜んでいただけました。

今回の戦利品です。いつもお世話になっている方へのお土産。とっても喜んでいただけました。

お菓子だけじゃない御菓子御殿の楽しみ方

御菓子御殿はお土産のお菓子だけじゃなく、いろいろな楽しみ方があります。

御菓子御殿恩納店のいちばんのおススメは「ビーチ」です。

店舗をでて裏に回るときれいな海が広がっています。

こちらの海、個人的には沖縄のビーチの中でも屈指のキレイさです。

さすがにこちらで泳いでいる人は見かけませんが、磯だまりには魚などの小さな生き物がたくさんいて磯遊びが楽しめます。

御菓子御殿には足洗い場もありますから遊んだあとも安心です。

御菓子御殿恩納店のビーチ。

御菓子御殿恩納店のビーチ。

こちらはカフェからビーチを撮った写真です。磯遊びが楽しめます。

こちらはカフェからビーチを撮った写真です。磯遊びが楽しめます。

カフェメニューはこちら。ビーチで遊んだあとにこちらでランチも良いですね。

カフェメニューはこちら。ビーチで遊んだあとにこちらでランチも良いですね。

紅いもタルトの手作り体験もやっています。

紅いもタルトの手作り体験もやっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。