fbpx

SPG陸マイラーのすすめ!SPGアメックスで無料でANA・JALに乗る方法

当ブログ一押し「SPGアメックスカード」。SPGアメリカンエキスプレスカードを我が家のメインカードとして実際に利用してみてわかった
SPGアメックスがANA・JALなどの無料特典航空券に交換するための最高最強カードな理由をご説明します。

SPGアメックスは最高のマイル交換カード

陸マイラーが必ず持つカードとまで言われているSPGアメックス。
これまで陸マイラー活動と言えば「ソラチカカードを使ってANA」が主流ですが、「SPGアメックスを使ったSPG陸マイラー活動」も最近のトレンドの一つとして定着しました。

本記事では
「SPGアメックスカードが、なぜANA・JALなどの航空会社の無料特典航空券へ交換するための最高・最強のカードなのか4つの理由」と
「SPG/マリオット リワード共通のポイントからのANA・JALへの特典航空券の交換方法」
をご紹介します。

airplane

SPGアメックスはマイル交換の最高最強のカードです。

①SPGアメックスの「SPG/マリオット リワード共通のポイント」は航空会社のマイルに1.25倍交換できる

まずは基本の「き」からです。

SPGアメックスカードでは、カード利用等で貯めたSPG/マリオット リワード共通のポイントを航空会社のマイルに交換できます。

通常ですと、SPG/マリオット リワード共通のポイントと各航空会社マイルとの交換比率は1対1なのですが、
60,000ポイントをまとめて交換することで∔5000マイルのボーナスマイルが加算されます。

これによりSPG/マリオット リワード共通のポイントと各航空会社マイルとの交換比率は1対1.25となり、
ANAやJALのマイルに交換した場合でも、な、なんと・・・、
本家であるANAカードやJALカード以上の交換レートでマイル交換できます。

odoroki

ANA系、ANA系のカードでも通常1倍ですから、ありえないほどに好待遇のマイル交換レートです。

陸マイラーの世界では、ソラチカカードを使ったマイル交換技が有名ですが、それでも最終的にはマイルはポイント比で目減りしてしまいます。
そう考えるとSPGアメックスカードのポイントからのマイル交換がいかに優遇されているかがご理解いただけると思います。

ソラチカカードを使ったマイル交換テクニックについては専業ママでもできた!マイルをためて子連れ旅行する裏技を公開!!で詳しくご説明していますので、ご興味があるかたはぜひご覧ください。

②SPG/マリオット リワード共通のポイントは30以上の航空会社のマイルに交換できる

SPGアメリカンエキスプレスカードで貯められるSPG/マリオット リワード共通のポイントは、ANAやJALと言った日系の航空会社のマイルに交換できます。

でもそれだけではありません。
SPG/マリオット リワード共通のポイントは以下の世界の主要な航空会社のマイルに交換できます。

マイレージプログラム移行比率
(ポイント対マイル)
Aegean Airlines3:1
Aeroflot Bonus3:1
AeroMexico ClubPremier3:1
Air Canada Aeroplan3:1
Air China Phoenix Miles3:1
Air France/KLM Flying Blue3:1
Air New Zealand Airpoints™200:1
Alaska Airlines Mileage Plan®3:1
Alitalia MilleMiglia3:1
ANA Mileage Club3:1
American Airlines3:1
Asiana Airlines Asiana Club3:1
Avianca LifeMiles3:1
British Airways Executive Club3:1
Asia Miles™3:1
China Eastern Airlines Eastern Miles3:1
China Southern Airlines3:1
Copa Airlines ConnectMiles3:1
Delta SkyMiles®3:1
Emirates Skywards®3:1
Etihad Guest3:1
Frontier Airlines EarlyReturns®3:1
Hainan Airlines3:1
Hawaiian Airlines HawaiianMiles®3:1
Iberia Plus3:1
Japan Airlines JAL Mileage Bank3:1
Jet Airways JetPrivilege®3:1
JetBlue TrueBlue™6:1
Korean Air SKYPASS3:1
LATAM Airlines LATAMPASS3:1
Lufthansa Miles & More3:1
Multiplus3:1
Qantas Frequent Flyer3:1
Qatar Privilege Club3:1
Saudia Airlines3:1
Singapore Airlines KrisFlyer®3:1
South African Airways Voyager3:1
Southwest Airlines Rapid Rewards®3:1
TAP Air Portugal3:1
THAI Airways3:1
Turkish Airlines Miles&Smiles3:1
United MileagePlus®3:1.1
Virgin Atlantic® Flying Club3:1
Virgin Australia Velocity Frequent Flyer3:1

おそらく聞いたことのない航空会社が大半だと思います。(笑)
それでもSPG/マリオット リワード共通のポイントは「世界の主要な航空会社のマイルに交換できる」というのは、とっても意味があります。

世界の主要な40以上の航空会社のマイルに交換できれば、
航空会社のアライアンスを使うことで

ANAやJALのマイルに直接交換するより少ないマイルでANA・JALの無料航空券に交換することができる

ということです。

例えば、
ワンワールド系のブリティシュエアウェイズのマイルに交換することで、同じワンワールド系のJALの国内無料往復チケットが9,000マイルでとれたりします。
しかもブリティシュエアウェイズ経由であれば、席に空きがあればいつでも無料チケットに変更できるという本家JALマイルを圧倒的に超える使いやすさです。
JALのマイレージサービスであれば多くの経路で閑散期でも往復チケットには12000マイル、繁忙期であれば15000マイル程度のマイル必要ですので、そのお得度は際立っています。

また同様に
スターアライアンス系のユナイテッド航空のマイルに交換することで、同じスターアライアンス系のANAの国内無料往復チケットが10,000マイルでとれます。

これまで飛行機に乗ることでしか貯められなかった海外航空会社のマイルが、SPGアメックスカードを使うことで飛行機に乗らなくても貯めることができるようになります。
これってすごいことです!

改善・改悪を繰り返す世界各国のマイレージサービスですが30以上の航空会社を使えることで
いろいろな裏技を駆使できる可能性が広がります

%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%ad-4

③航空会社のホテルポイント交換ボーナスキャンペーンが利用できる

ブリティシュエアウェイズ、ユナイテッド航空などの航空会社では、SPGやマリオットなどのホテルポイントから自社マイルへの交換へボーナスキャンペーンを頻繁に行っています。

例えば昨年2017年初のブリティシュエアウェイズのキャンペーンではホテルポイントからの交換に35%の交換ボーナスポイントがつきました。

つまりSPG/マリオット リワードの60,000ポイントが交換比率では3対1 +ボーナスマイルで25,000BAマイルのところが、
さらにボーナス25.000 x 35% ₌ 8,750マイルをいただけるということで合わせて33,750BAマイルに交換できます。

60,000ポイントが33,750BAマイルですからね。交換レートは約1.69です。すごい!

British-airways-bounus-point

④ポイントは購入できる(新サービスではどうなるか未定です)

「20,000ポイント!そんなにカード利用でポイントをためられないよ!」というかた。お言葉はごもっともです。

SPGアメックスが「航空会社の無料航空券に交換するための最高最強カード」理由、
それは「SPG/マリオット リワード共通のポイントは購入できる」からです。

マイルって「あと○マイルあれば××まで行けるのに!」ってことが多くないですか?!
そんな時にマイルを購入できるのってとっても便利です。

しかもこれまでもSPG/マリオットのポイントはしばしば30%割引などの割引キャンペーンを行ってきました。
過去のキャンペーンを使えばJAL無料片道チケット1回分でおよそ7200円相当で購入できました。

お盆やお正月やGWにも使える無料航空券が往復で14,400円です。
ものすごくお得ですよ!!

otoku

 

ブリテッシュエアウェイズでJAL国内特典航空券の予約方法

「SPGアメックスカードで貯めたSPGスターポイントを使ってブリテッシュエアウェイズ(BA)でJAL国内線の特典航空券を予約」と書くととってもややこしそうですが、実際にはまったく難しいことはありません。
SPGアメックスの所有者にとって使わないなんてもったいないステキな特典ですので、絶対に絶対に活用しましょう!

ポイントをブリテッシュエアウェイズのマイル(Avios)に交換する

まず始めにSPG/マリオット リワード共通のポイントをブリテッシュエアウェイズ(BA)のマイル(BAではAviosと呼びます)に交換します。

交換手続き自体はSPGサイトからかんたんに行えます。

ただブリテッシュエアウェイズ(BA)のメンバーとして登録されている方はほとんどいないと思いますので、その前準備として会員登録が必要です。
ブリテッシュエアウェイズのHP(日本語サイト)で登録できます。(本音を言うと登録ページにちょっと癖(たぶん不具合)があってめんどうです。)

british-airways-club-top

SPG/マリオット リワードから60,000ポイントを移行させればボーナスポイント5,000マイル(Avois)が付きますので計25,000マイル(Avois)をいただけます。
なお、マイル(Avios)の移管は4~5日程度です。

ブリテッシュエアウェイズからJAL国内線を予約する

次に移管したマイル(Avios)を使って、ブリテッシュエアウェイズからJAL国内線を予約します。
初めに行っておきますが、拍子抜けするぐらい簡単です。(笑)

まずブリテッシュエアウェイズのHPのクラブ会員ExectiveClubメニューから「Avoisを使う」を選びます。

ba-reserve

そうするといきなり予約画面ですので予約したい便の詳細を入力してください。
わからないのは出発地と目的地の空港コードぐらいだと思います。(例:羽田ならHND、福岡ならFUK)

Googleなどで調べればかんたんにでてきます。(調べ方の例:「宮崎 空港コード」)

ba-reserve2

あとは特に悩むことはありません。びっくりするぐらいあっさりと予約できると思います。

年末年始・夏休み・GWの利用がお得

先日年末のSPGアメックスカードで貯めたポイントを使ってブリテッシュエアウェイズ(BA)でJAL国内線の無料の特典航空券を予約しました。

正規価格をしらべたところ年末の最繁忙期ということで一番安い料金でもスーパー先割で大人1人24,090円、小児運賃1名21,940円でした。
大人2名、小児2名の我が家でしたら普通にチケットを確保すると最低でも92,060円支払う必要があります。

ところが
SPGアメックスカードで貯めたポイントを使って、ブリテッシュエアウェイズ経由でJAL国内線の特典航空券を予約しましたので
たったの18,000マイル(4500マイル×4)でチケットを確保できました。

手続きもすべてWebで済みますし、とてもかんたんでした。

しかも
ブリテッシュエアウェイズ(BA)経由でのJAL国内線の特典航空券は「席が空いていれば前日でも当日でも予約可能」という本家JALの特典航空券も真っ青の使い勝手の良さです。
本家JALの特典航空券の予約競争に巻き込まれずにすみますので、比較的かんたんに座席を確保できました。

ユナイテッド航空でANA国内特典航空券を予約方法

SPGアメックスカードで貯めたポイントを使えばユナイテッド航空(UA)でANA国内線の無料特典航空券をお得に予約できます。

ANA国内線の特典航空券でしたら片道5,000~11,500マイル(ポイント)と時期と距離で細かな必要マイル数が設定されています。
ユナイテッド航空ですと区間距離800マイルを境に片道5,000か8,000マイル(ポイント)のいずれかで予約できます。

ユナイテッド航空からANA国内線を予約

移管したマイルを使って、ユナイテッド航空からANA国内線を予約します。
・・・がこちらも簡単ですので割愛します。(笑)

まとめ

陸マイラーが必ず持つお得なクレジットカード「SPGアメックス」。

本記事では
「SPGアメックスカードが、なぜANA・JALなどの航空会社の無料特典航空券へ交換するための最高・最強のカードなのか4つの理由」と
「SPG/マリオット リワード共通のポイントからのANA・JALへの特典航空券の交換方法」
をご紹介しました。

特に航空券の値段が高くなりがちなGW・夏休み・年末年始でも無料でANA・JALに乗れるお得な裏技です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください