国内マリオット(spg)の新カテゴリーと無料宿泊ポイント|2018年8月マリオット・spg統合

marriotto-change

マリオットより2018年8月以降のホテルカテゴリーと無料宿泊に必要なポイントが発表になりました。
全体傾向としてはマリオット系ホテルの必要ポイントが上がり、spg 系の必要ポイントが下がった感じです。

本ページでは国内のマリオット・SPG・リッツカールトンホテルの新カテゴリーと無料宿泊ポイントを中心に紹介します。

2018年8月にマリオット・spgの会員プログラム統合

いよいよ2018年8月よりマリオット・spgの会員プログラム統合されます。

新統合プログラムの大きな変更はこちらの記事「spgプログラムが2018年8月1日からリューアル|新プログラムってどんな感じ?」にまとめていますのでぜひご覧ください。

marriotto-change
国内マリオット(spg)の新カテゴリーと無料宿泊ポイント|2018年8月マリオット・spg統合

マリオット(spg)の新カテゴリーと無料宿泊ポイント

今回の発表では2018年8月以降のマリオット・SPG・リッツカールトンホテルの新カテゴリーと無料宿泊に必要となるポイント数が発表になりました。
現状(2018年7月末まで)のポイントとの差分もまとめられていてわかりやすいです。

詳細は公式サイトをご確認ください。

2018年8月以降のマリオット新カテゴリーと無料宿泊ポイント

必要ポイントがアップするホテルが14、ダウンするホテルが15で、ほぼ同数です。
マリオット系がアップして、SPG系がダウンしているので、以前からあったマリオット・SPG間の無料宿泊ポイントの格差が是正されたというところでしょうか。

実際、これまでマリオットがあまりにお得すぎたので、私はほとんどマリオット系のホテルにしか泊まらなくなってしまってました。(笑)

2018年8月以降の予約の注意点

以前から発表されていたようにカテゴリー8のホテルは2019年春(時期未定)まではカテゴリー7の必要ポイント(60,000ポイント)で宿泊できます。
例えばザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町や翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都、セントレジスホテル大阪は現在90,000ポイント(30,000SPGポイント)が必要ですのでなんと33%OFFの大バーゲンです。

注意
カテゴリー8のホテルは2019年春(時期未定)まではカテゴリー7の必要ポイント(60,000ポイント)で宿泊できる

今回発表された新カテゴリーと無料宿泊の必要ポイントがいつの予約から適用されるかが明記されていません。
過去のカテゴリー変更の例ですと、適用期日以前の予約は旧カテゴリーの必要ポイントが適用されます。

確認したところ2018/6/30現在の予約すると、2018年8月1日以降の宿泊予約でも旧カテゴリーの必要ポイントとなっていました。
8月以降に無料ポイントでの宿泊予定がある方は、ポイントが増えるホテルはできるだけ早めに予約することをおススメします。

注意
適用期日(現時点で未発表。2018/8/1から適用なのかもしれません。)以前の予約は旧カテゴリーの必要ポイントが適用される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。