【確定】マリオットリワードとSPGが2018年もそれぞれ独自に継続


iine

マリオットリワードとSPGは2018年も継続

マリオットリワードとSPG(スターウッドプリファードゲスト)は2018年もそれぞれのリワードプログラムが継続されるとのご連絡メールをいただきいました。

マリオットリワード、ザ・リッツ・カールトン・リワードおよびSPG®は今後も別々のプログラムとして継続されます。当社がSPGとの共同プログラムの作成に取り組んでいる間、会員の皆様はこれまで通り、お気に入りのホテルの予約やポイントの獲得を継続できます。
マリオットリワードからのメールより

先日ご紹介した海外サイトからの先行情報を裏付ける情報が正式に届いたということで
マリオットリワードとSPGは2018年もそれぞれのリワードプログラムが独立して継続される
ということで確定です。

陸マイラーの必須カードとなっているSPGアメックスカードを作成すれば「SPGゴールド会員、そしてマリオットゴールド会員・リッツカールトンゴールド会員になれる」というお得な特典は継続するということで一安心です。

海外サイトからの先行情報

複数の海外サイトから同様の先行情報がアップされていますので概要をまとめました。

参考

Minor Changes Coming to Marriott Rewards and Starwood Preferred Guest in 2018the POINTS guy

参考

Marriott Rewards Retires Elite Rollover Nights & Status Buy Back Programs In 2018LoyaltyLobby

2018年のマリオット・SPGのリワードプログラムの大きな変更点は3つです。

  1. 2018年もマリオットリワードとSPGが独立したリワードプログラムとして継続する
  2. マリオットの会員資格の買い戻し(Status Buy Back)が2018年は行わない
  3. マリオットの宿泊実績のロールオーバーは2018年で終了

それぞれについてマリオットからいただいた確定情報を加えて詳しく解説します。

【確定】マリオットリワードとSPGは2018年のサービス内容

マリオットよりいただいたご連絡メールをご紹介しますね。

ロールオーバーナイトとステータスバイバックの終了

2017年が、会員の皆様にエリートロールオーバーナイトを獲得いただける最後の年になります。 つまりエリート資格要件を超過して獲得した2017年分の宿泊日数は2018年のステータスに繰り越すことができますが、2018年に獲得した超過宿泊日数は2019年に繰り越すことはできません。

とのこと。こちらのメールにはロールオーバーナイトとステータスバイバックの”終了”が明言されています。

2018年もマリオットリワードとSPGが独立したリワードプログラムとして継続する

2016年のマリオットによるSPGの吸収合併以来、相互の会員資格のステータスマッチを行っているマリオットとSPG。
早ければ2018年には会員プログラムが統一されると言われてきました。マリオットもSPGも毎年2月に当年度のプログラム方針を発表するので「2018年2月がXデー」と予想されているかたが多かったようです。

SPGアメックスでマリオットゴールド会員に!朝食とラウンジが無料
SPGアメックスでマリオットゴールド会員に!朝食とラウンジが無料

ところが、ここにきて2018年もマリオットによるSPGが独立した会員プログラムとして存続することが発表になりました。
私のようにSPGアメックスカードでSPGゴールド会員資格をえている方にとっては朗報ですね。
今後も「SPGゴールド会員・マリオットゴールド会員・リッツカールトンゴールド会員」を維持することができそうです。

マリオットの会員資格の買い戻し(Status Buy Back)は2018年は行わない

マリオットはマリオットリワード会員資格の買い戻し(Status Buy Back)キャンペーンを毎年のように行ってきました。
これはマリオットリワードの公式なサービスではなくキャンペーンの位置づけでしたが、毎年行われているため当然2018年も実施されると予想されていました。

残念ながら「マリオットのマリオットリワード会員資格の買い戻しは2018年は行わない」ようです。

「マリオットのマリオットリワード会員資格の買い戻しは2018年は行わない」の原文には「discontinue 」という表現を使用しています。
discontinueは「中止する・中断する」的な意味ですので、2019年以降の買い戻し(Status Buy Back)キャンペーンの再開の可能性はありますね。

マリオットから日本語で届いたご案内メールには「終了」と書かれています。残念ながらマリオットリワード会員資格の買い戻し(Status Buy Back)キャンペーンは終了となる可能性が高そうです。

マリオットの宿泊実績のロールオーバーは2018年で終了

マリオットでは、前年のマリオットホテルグループへの宿泊数で翌年の会員グレードがきまります。
例えば年間50泊をすれば翌年ゴールド会員資格が得られます。

この50泊をこえた宿泊数を、翌年に宿泊実績として持ち越せるのがロールオーバーと言われる制度です。

このロールオーバーを2018年で終了するようです。

「マリオットの宿泊実績のロールオーバーは2018年で終了」の原文には「expire」という表現を使用しています。
 expireは「終了する・失効する」的な意味ですので、こちらは本当に2018年で終了するのかもしれません。

なお、今年度(2017年)の宿泊実績まで2018年にロールオーバーできます。

まとめ

マリオットより2018年のマリオットリワードとスターウッドプリファードゲストそれぞれのリワードプログラムについてご案内をいただきました。

マリオットリワード会員資格の買い戻し(Status Buy Back)が終了するのは残念ですが、2018年もマリオットリワードとSPGはそれぞれのリワードプログラムが継続されるということ。

SPGアメックスカードでSPGゴールド会員資格をえている方にとっては
今後も「SPGゴールド会員・マリオットゴールド会員・リッツカールトンゴールド会員」を維持することができますので朗報ですね!

逆に言えばSPGアメックスカードをご利用になられていないなら今がチャンスですよ!

SPGアメックスを紹介キャンペーン+αでお得に作る方法
SPGアメックスを紹介キャンペーン+αでお得に作る方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。