ヨコハままログ

横浜在住のママの子育てブログ。「子育て」「子連れ旅行」「おでかけ」を中心に紹介します。SPGとマリオットホテルが大好きです。

SPGポイントでANA国内線にお得に乗る!ユナイテッド航空経由で片道4000pt!

time [投稿日]2016/11/19

SPGポイントでANA国内線にお得に乗る!ユナイテッド航空経由で片道4000pt!

sponsored link

SPGポイントでユナイテッド航空(UA)経由でANA国内線特典航空券を予約

SPGアメックスカードで貯めたSPGスターポイントを使えばユナイテッド航空(UA)でANA国内線の無料特典航空券をお得に予約できます。

ANA国内線の特典航空券でしたら片道5,000~11,500マイル(ポイント)と時期と距離で細かな必要マイル数が設定されています。
ユナイテッド航空ですと区間距離800マイルを境に片道5,000か8,000マイル(ポイント)のいずれかで予約できます。

しかもSPGアメックスカードで貯めたSPGポイントを使えば、8,000スターポイントでユナイテッド航空の10,000マイル(ポイント)に交換できます。
片道5000マイル(ポイント)区間でしたら8,000スターポイントでちょうど往復分ということになりますね。

SPGポイントでUA経由でANA国内線特典航空券の予約方法

「SPGスターポイントで「ユナイテッド航空(UA)経由でANA国内線特典航空券」の予約」。というとっても意味が分かりづらい仕組みをかんたんに説明します。

実はこの仕組みはSPGとマリオットの合併により実現できるようになりました。

SPGスターポイントを

SPGスターポイント マリオットリワードポイント ユナイテッド航空マイル

と2段階でポイントを移行することで実現できるようになった、とってもお得な方法です。(笑)

SPGスターポイントをマリオットリワードポイントに移行

まず1stステップとしてSPGスターポイントをマリオットリワードポイントに移行します。
移行するためのリンクはSPGサイトにいたるところにありますので割愛します。

重要なのは移行レートがマリオット:SPGが3:1であることです。
3vs1

つまり10,000SPGスターポイントでしたら30,000マリオットリワードに交換できます。

spg-to-marriott-finish

その他のご注意点です。

  • ポイント移行は即時行われます
  • 1,000スターポイント単位で移行可能
  • 移行は完全無料。SPGスターポイントに戻すこともできる

マリオットリワードをユナイテッド航空のマイルに交換

次に2ndステップとしてマリオットリワードをユナイテッド航空(UA)のマイルに交換します。

交換手続き自体はマリオットサイトからかんたんに行えます。

marriott-ua-ratio

マリオットサイトのポイント移行画面

24,000マリオットリワードでユナイテッド航空の10,000マイルに移行できます。
56,000マリオットリワードが交換レートが良いですので56,000マリオットリワード一気に交換してしまうのがおススメです。

交換レート3:1ですので、18,667SPGスターポイントで25,000UAマイルに交換できることになります。
SPGスターポイント比で交換レートが1.34ですねのでとってもお得ですね。

ユナイテッド航空からANA国内線を予約

最後に移管したマイルを使って、ユナイテッド航空からANA国内線を予約します。
・・・がこちらも簡単ですので割愛します。(笑)

まとめ

SPGアメックスカードで貯めたSPGスターポイントを使ってユナイテッド航空(UA)経由でANA国内線の特典航空券がお得に予約できます。

JAL派でしたらブリティッシュエアウェイズ経由で予約できますし、
ANA派でしたらこのユナイテッド航空があります。
SPGアメックスカードをお持ちの方でしたらケースバイケースでJALでもANAでも使い分けられることになりますね。

SPGアメックスの所有者にとって使わないなんてもったいないステキな特典ですので、絶対に絶対に活用しましょう!

SPGアメックスカードの作りたい方におススメの記事

「SPGアメックスカードを作ってユナイテッド航空でANA国内線の特典航空券をお得に予約したい」方はこちらの記事もあわせてお読みください。

 

sponsored link

down

コメントする




お得な情報(裏技・豆知識)

子供とおでかけ

自己紹介

こみゅ

こみゅ

横浜在住の二児のママ「こみゅ」です。 「子育て」 「子連れ旅行」 「横浜おでかけ」 「横浜お得情報」 を中心に紹介します。

人気記事



sponsored link